ピクシブ百科事典

フェイクGSライド

ふぇいくじーえすらいど

フェイクGSライドはメディアミックス作品『勇者王ガオガイガー』シリーズに登場するメカニックのひとつ。

概要

 国際的犯罪組織『バイオネット』のエージェント『シュバルツェ・オイレ』が中国 科学院航空星際局からGSライドの概念図データを奪取し、フランスに封印されたディビジョンⅤ物質瞬間創世艦フツヌシにビークルロボ『光竜』のGSジェネレーターを利用し製作されたGSライドの模倣品。核となるべき『Gストーン』が無いにもかかわらずGSライドに近い性能を有する。大小様々なサイズの動力炉が世界征服を幾度も可能な数が造られ、暗殺用の『シェンドガルデ』を皮切りに幹部メビウス、ラプラスのサイボーグボディにも組み込まれ、フツヌシの創世炉を取り込んだ『Gギガテスク』にも採用されている。

 波動係数から確認も録れておりメタルサイボーグの動力炉にも取り入れられるが、勇者達には「勇者の証になり得ない模倣品」と見なされている。

関連タグ

勇者王ガオガイガー外伝-獅子の女王-
勇者王ガオガイガー外伝-エヴォリュダーGUY-

関連記事

親記事

バイオネット ばいおねっと

兄弟記事

コメント