ピクシブ百科事典

フレッシュアスリーテス

ふれっしゅあすりーてす

フレッシュアスリーテスとは、ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』に登場するユニット。
目次[非表示]

アイドルスポーツ祭

2012年5月31日から6月13日までの期間限定ガチャ「アイドルスポーツ祭」で、以下のアイドルが登場した。


特訓前は運動会というコンセプトにそって、体操着ブルマで統一されている。
特訓後は、卯月が初のSレア[ニュージェネレーション]として正統派のアイドル衣装を着ているのに対し、レアの5名は[スポーツ祭]独自の衣装に着替える。
色やデザインはそれぞれ異なっているが、共通して運動靴をモチーフにしていると思われる。また、インカム付きのヘッドセットへそ出しルックも共通。
後のイベントで、この[スポーツ祭]のメンバーがライバルユニット【フレッシュアスリーテス】として登場することになる。

pixivではこの[スポーツ祭]衣装を表すタグとして「フレッシュアスリーテス」が使われている。

人間関係

カードごとに別のアイドルへ言及する台詞が含まれており、アイドル同士の交流が匂わされている。

  • 加奈
    • →真尋「まひろーに走り方教えてもらったんです!スジが良いって、えへっ☆」
    • →麻理菜「まりな姉さん頼りになるぅ!」

  • アヤ
    • →千奈美「千奈美はめんどくさい奴だけど、ソコが可愛いんだ。マジメだしな」
    • →卯月「卯月か…アイツで大丈夫なのか?」

  • 千奈美
    • →アヤ「アヤまで戻ってこないから心配したじゃないの! しっかりしてよ」(※アヤの特訓前でプロデューサーが迷子になっている)

  • 麻理菜
    • →加奈「加奈ちゃんが慕ってくれてね。まぁカワイイもんよ!」
    • →真尋「真尋ったらリハの前から走り回って…ホント元気ねー」

  • 真尋
    • →千奈美「千奈美さんメイクバッチリだわ…!」

ライバルユニットとしての登場

メンバーに当たるアイドルは5人いるものの、ライバルユニットは最大3人なので、メンバーが入れ替わり登場する。トリオの場合とデュオの場合がある。

【フレッシュアスリーテス】北川真尋 / 桐野アヤ / 今井加奈
2013年8月14日からの「水着DEドリームLIVEフェスティバル」で初登場。リーダーは真尋。イベント内容に合わせ「夏らしくスポーティーに歌いまっす」と宣言。向こうが勝利すると「ナイス・チームワーク!この3人なら、まだまだ上へ行けそうだね!」と喜ぶ。
【フレッシュアスリーテス】沢田麻理菜 / 小室千奈美 / 今井加奈
2013年8月29日からの「LIVEツアーカーニバル in ドイツ」で登場。リーダーは麻理菜。メンバーを加奈ちゃん、千奈美ちゃんと呼んでかわいがっている。薄着の衣装ではドイツは寒いが「でも私たちは動くから、ちょうどいいわ」とアクティブになっている。
【フレッシュアスリーテス】沢田麻理菜 / 小室千奈美 / 今井加奈
2013年10月30日からの「LIVEツアーカーニバル in スペースワールド」で登場。リーダーは麻理菜。「二人にカッコワルイところは見せられないものねっ♪」とここでも姐御肌を発揮。「みんな眩しくてカワイイわ。モチロン、加奈ちゃんと千奈美ちゃんもね♪」と対戦相手にも敬意を払う。
【フレッシュアスリーテス】今井加奈 / 沢田麻理菜
2014年10月10日からの「第7回アイドルLIVEロワイヤル」で登場。かわいさの秘密を教えてもらおうとする加奈に、麻理菜が「可愛さって自分らしさに気づくことだから」と伝授している。
【フレッシュアスリーテス】桐野アヤ / 小室千奈美
同じく「第7回アイドルLIVEロワイヤル」で登場。開催時期がスポーツの秋だったので、高校時代の体育祭の栄光を振り返る。アヤは「10種目制覇」、千奈美は「途中で抜け出してダーツ大会で優勝」「美貌を買われて優勝トロフィーの授与役を担当」という過去が明かされた。
【フレッシュアスリーテス】桐野アヤ / 小室千奈美 / 北川真尋
2015年5月22からの「第12回アイドルLIVEロワイヤル」で登場。真尋が「私の脚でステージを掻き回すよ」とステージ上を走り回り、千奈美は「ステージから離れたらダメよ!」、アヤは「真尋はしゃいでるな! ま、体を動かすと気持ちいいのはわかる!」とオカンのような口ぶり。

関連タグ

アイドルマスターシンデレラガールズ
アイマス衣装
シンデレラガールズユニット
期間限定ガチャの履歴(シンデレラガールズ・2012年)
スポーティスタイル - 特訓後の一部がブルマ
さわやかスポーツ - 特訓後がブルマ

pixivに投稿された作品 pixivで「フレッシュアスリーテス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1963

コメント