ピクシブ百科事典

ブラキトラケロパン

ぶらきとらけろぱん

ジュラ紀後期のアルゼンチンに棲息していた竜脚類の一種である。
目次[非表示]

データ

名前は「首の短い羊飼いの神」を意味する。全長10mほどにもなる小型の植物食恐竜である。

概要

2005年に発見された新種竜脚類である。殆どの竜脚類は、長いを持っていた、しかし、ジュラ紀後期にいたこのブラキトラケロパンは、小型の竜脚類で胴体よりも首が短かった。当時、南アメリカにはライバル鳥脚類剣竜類が殆どいなかったので、首が短い者が進化したらしい。

関連タグ

恐竜 竜脚類 ディプロドクス
ディクラエオサウルス アマルガサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラキトラケロパン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41

コメント