ピクシブ百科事典

ブルハスカヨサウルス

ぶるはすかよさうるす

中生代白亜紀後期のインドに棲息していた大型の植物食恐竜。 ブルハトカヨサウルスとも。

概要

全長30~40m、体重200tほどの大型のティタノサウルス類である。
名前の由来は「巨大な体のトカゲ」から来ている。
超大型の竜脚類で、発見された当初は獣脚類に分類され、ティラノサウルス・レックスが、ニワトリに見えるくらい巨大なアベリサウルス科肉食恐竜と報じられていたが、その後の調査で、後足は竜脚類のものであることが分かった。脛骨アルゼンチノサウルスより、25%長く、推定体重は約200tとも言われている。

関連タグ

恐竜 竜脚類 ティタノサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルハスカヨサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23

コメント