ピクシブ百科事典

ベニスに死す

べにすにしす

ルキノ・ヴィスコンティ監督の映画作品。1971年公開。
目次[非表示]

概要

ベニスに死す(Death in Venice)とは、ルキノ・ヴィスコンティ監督による1971年公開の映画
イタリアフランスの合作でワーナー・ブラザース配給。
トーマス・マンの同名の小説を映画化したもので、所謂「ドイツ三部作」の2作目にあたる。
(日本では原作小説を「ヴェニスに死す」と表記し、映画版を「ベニスに死す」と表記することで区別しているパターンが多い)

物語

老いぼれた作曲家のアッシェンバッハ(ダーク・ボガード)は療養のためベニスを訪れたが、ふと目にした貴族美少年タジオビョルン・アンドレセン)の美貌理想を見出し、タジオの姿を求めて徘徊するようになる。
ベニスの街では疫病が流行しており、アッシェンバッハは自分も感染したことを知るが…。

タジオ

本作で作曲家を虜にする魔性の少年「タジオ(タッジオ)」は、フィクションにおける美少年の代名詞的存在である。日本のTVドラマ『半分、青い。』の中でも、豊川悦司演じる漫画家が、美しい少年のことはみんなタジオと呼ぶという設定になっている。

映画化の際には当然キャスティングが最重要課題となり、ビスコンティはタジオを求めてヨーロッパ中を探し歩くことになった。
最終的には、数千人の候補者リストの中から、当時バンド活動をしていた無名のビョルン・アンドレセンが選ばれた。

概要

映画 ルキノ・ヴィスコンティ

関連記事

親記事

ルキノ・ヴィスコンティ るきのびすこんてぃ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ベニスに死す」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1127

コメント