ピクシブ百科事典

ペンシルベニア級戦艦

ぺんしるべにあきゅうせんかん

アメリカ海軍の戦艦の艦級の1つ。
目次[非表示]

概要

ペンシルベニア級はアメリカ海軍戦艦の艦級の1つであり、
ネームシップのペンシルベニアとその同型艦・アリゾナの2隻が就役した。(個艦別のリンクは同型艦の項目を参照されたし。)

ペンシルベニア級はネバダ級に次いで建造された戦艦で、本級では以前より要求されてきた船型の大型化、またそれに伴う攻防力拡大に対応し得る十分な予算が承認されたが、
その設計は、前級で獲得した建艦技術を反映した堅実なものとなっており、ネバダ級では連装・三連装の混載となっていた主砲塔をすべて三連装し、また推進軸を増大して航走性能の改良に努めるなど、随所で艦の性能向上が図られた。

船型拡大の結果、排水量は米戦艦として初めて30000tを超え、日本の扶桑型にかわり世界最大の戦艦となった。

一例として本級と扶桑型との比較を考慮すると、砲装は同等で速力は劣るが、防御力は本級が勝るといったところであり、
日本以外の外国戦艦と比した場合でも遜色はなく、むしろ優秀な能力を持つ良艦であった。

兵装

主砲

本級は主砲として14インチ45口径砲を装備する。
主砲の搭載形式は三連装砲塔を前後2基ずつの計4基である。

本砲は前級搭載の砲とほぼ同一砲であり、ニューヨーク級などの他の45口径砲搭載艦と同じく海軍休日時代に改修を受け、
最終的に弾重量680kgで初速790mps、最大射程32kmという能力を得た。
ちなみに改修前の弾重量は635kgである。

また本級は主砲門数を12門に増し、日本の扶桑型や伊勢型と同等としているが、
砲塔基数は前級より据え置きとなっており、船体長やバイタルパートの拡大による防御力低下の阻止に役立っている。

ちなみに、余談ではあるが、
扶桑型を含む日本戦艦が主砲塔の動力機構に水圧を利用し、機力不足の為に交互打ち方を射撃法の中軸とせざるをえなかったことに対して、米戦艦では電動油圧式の動力機構を採用したため、発射速度や単位時間当たり投射弾量に優れる主砲装を備えることができたと言われている。

副武装

本級の就役時、副武装として51口径5インチ副砲と水中魚雷発射管を装備した。

第一次大戦後には対空兵装が追加されて、50口径3インチ高角砲と12.7㎜機銃が装備されたほか、
波浪が吹き込む前後のケースメイトは閉塞され、一部は甲板上に移された。

まもなく海軍休日時代を迎えると、3インチ砲を25口径5インチ高角砲に換装し、魚雷発射管を撤去。
対空機銃として28㎜機銃が追加された。

本級は真珠湾攻撃によって被害を受けたが、損害が軽微だったペンシルベニアは早期復旧のために小規模改装のみで一時戦列復帰となる。
この時の改装では5インチ高角砲のシールド取り付けや28㎜機銃の増強、20㎜機銃の新設が行われた。

1942年秋以降に再び改装となり、ネバダを参考にした近代化改装が実施される。

副砲と高角砲は廃統合され、38口径5インチ両用砲に更新。
対空機銃は28㎜機銃が40㎜機銃に更新となり、12.7mm機銃は全廃されて20㎜機銃を装備した。

観測装備

本級は艦橋上と主砲塔に測距儀を装備し、前後マスト(籠)上に見張り所を設置した。

海軍休日時代の改装では見張り所が密閉化されて、艦砲用射撃指揮装置(Gun Fire Control System 以下GFCS)を搭載した他、
ペンシルバニアには1941年までに索敵レーダー・CXAM-1(CXAMの改良型)を装備した。

(以下はペンシルベニアの状態にのみ言及)
真珠湾攻撃後の小規模改装では、前檣のGFCS上にMk.3射撃管制レーダー(Fire Control Radar 以下FCS)が搭載され、
5インチ砲用のMk.37GFCSにはMk.4FCRを搭載した。

1943年の大改装では索敵レーダーには対空捜索レーダー・SKと対水上捜索レーダー・SGを装備。
後部三脚マストが撤去されて背の低い塔が設置され、Mk.3FCRを装備した主砲用GFCSが搭載された。

1945年にはSKをSK-2に更新。高度測定レーダー(Height Finder 以下HF)・SPが後檣に設置された他、後部塔のGFCSがMk.8FCRを備えたMk.34GFCSが搭載され、前檣上のMk.3FCRはMk.27FCRに更新された。
またMk.37GFCS上のMk.4FCRは改良型のMk.12FCRとMk.22HFとに更新され、40㎜機銃用のMk.51GFCSが搭載された。

航空機

航空機の運用は第一次大戦後に開始され、艦尾と三番主砲塔上にカタパルトを1基ずつ装備した。

航空機揚収には艦尾のクレーン1基に加えて艦中央の艦載艇揚収クレーン2基が使用された。

大改装後、防御上の問題からか、航空機運用スペースは艦尾に統一されて艦尾以外のクレーンは撤去された。

艦体

船体・上部構造物

本級は前級と同様、長船首楼型船体を採用して、前後マストに特徴的な籠上の構造物を装備したが、
本級では船首楼が延長され、艦中央部の揚収クレーンが煙突よりに設置されるなど、前級より若干の変更も実施された。

海軍休日時代の改装では、籠マストを 密閉式見張り所を備えた三脚マストに更新し、また水中防御の向上を狙って、艦体の広範に及ぶ大型のバルジが装着。艦橋設備の拡大や艦載機運用設備の新設が行われた。

太平洋戦争以降の改装では前部マストの見張り所が廃止となって、マスト自体が小型化された他、後部マストは撤去されて、背の低い火器管制塔に変更された。

航走性能

本級は機関に直結式蒸気タービン(ボイラーは重油専用)を採用し、船型拡大を受けて前級の2軸推進を改め4軸推進となった。

第一次大戦以降には機関を換装して、推進方式をギヤードタービン式に改めており、
これによって低速時の燃費性能が向上した他、機関出力も若干拡大され、大改装後の排水量増大による速力低下を防ぐことに成功した。

本級の機関出力は32000shpで最大速力は21knである。

装甲防御

本級の装甲防御は概ね前級とほぼ同等のものである。

対水雷防御が不十分であることや水平防御が薄めであることなどは標準型と呼ばれた米旧式戦艦に共通する要素であり、
本級は海軍休日時代にはバルジを装着し、真珠湾攻撃後の復旧時に水平装甲を拡充することでその弱点を補った。

就役時の各部の装甲厚は甲板76㎜、水線343㎜、バーベット330mm、砲塔前盾457mm、砲塔側面229mm、砲塔天蓋127mm、砲塔後面229mm、司令塔406㎜である。

艦歴

就役~太平洋戦争以前

本級は1913年度海軍計画にて予算を認められ、1916年6月12日にペンシルベニア、1916年10月17日にアリゾナが竣工した。

本級は第一次大戦中に就役したが、本級の主機は重油専燃でイギリスから供給される石炭を利用することが出来なかったため、イギリスへの派遣は行われなかった。

第一次大戦後から海軍休日時代には外国への親善訪問を行いつつ、近代化改装を実施して能力の向上を図った。
またペンシルベニアは1932年頃から合衆国艦隊の旗艦となり、艦隊再編の後に太平洋艦隊へ配備されるまでその任は続いた。

アリゾナの沈没

1941年12月、本級2隻はハワイの真珠湾にて日本軍の奇襲攻撃を受けた。

停泊中であったアリゾナは前部主砲塔付近で甲板を貫通した爆弾により大爆発を起こした。
艦前方が吹き飛ばされ、艦橋は崩壊。船体は大破着底し、火災は2日後におさまった。

その後、アリゾナの復旧は断念されたが、
利用可能な一部の装備品はペンシルベニアに転用されたほか、後部主砲6門がオアフ島の海岸砲台に設置された。

1942年12月1日、アリゾナはアメリカ海軍から除籍された。

ペンシルベニアの戦歴

真珠湾攻撃時、船渠に入っていたペンシルベニアは軽微な損傷を被っただけであったため、
ペンシルベニアは不足していた戦艦戦力を補うべく急ピッチで復旧が行われ、1942年4月には戦列復帰した。

その後しばらく太平洋上にて日本軍の進攻に警戒していたが、ミッドウェー海戦での勝利と新型戦艦の就役により多少の余裕が出来たので、ペンシルベニアは1942年10月より再び改装を受けることとなった。

この改装で新型の対空兵装やレーダーを搭載し、艦容を一新したペンシルベニアは1943年2月より戦列に復帰し、アリューシャン方面進攻やギルバート諸島攻略に参加した。

1944年にはマリアナ諸島攻略に動員され、次いでフィリピン攻略に参加。
10月にはレイテ沖海戦が生起し、ペンシルベニアはスリガオ海峡海戦にて日本艦隊を迎え撃つが、レーダーの不調と射界不良によって発砲の機会には恵まれなかった。

1945年には再び改装を受けて一部兵装を更新。
工事完了後は沖縄へ向けて出撃したが、日本軍機の雷撃を受けて損傷。
応急修理中に終戦となった。

クロスロード作戦

戦後、ペンシルベニアは本土に帰投したが、老朽化の進行から艦隊を退かれることが決まり、
本格的な修理は実施されないまま、原爆実験に使用されることになった。

1946年7月、標的艦として参加したクロスロード作戦では二度の核爆発を耐えて沈没を免れるが、1946年8月29日に退役。破壊された船体はクェゼリン環礁に曳航された。

ペンシルベニアはクェゼリン環礁にて傾斜したまま浮かび続けていたが、
1948年2月10日に船体が横転して沈没。その後の1948年2月19日、アメリカ海軍より除籍された。

アリゾナ・メモリアル

第二次大戦後、アリゾナの船体は着底した状態のまま放置されていたが、1950年頃よりアリゾナには国旗が掲揚されるようになり、1962年5月にはアメリカ政府指定の慰霊碑に認定されて、アリゾナはアリゾナ・メモリアルとして真珠湾に鎮座することになった。

その傍には日本の降伏文書調印式が行われたミズーリが係留されており、
この2隻はそれぞれが太平洋戦争の始まりと終わりを示す象徴として、人々に戦争を伝えている。

また同じく真珠湾攻撃で撃沈されたユタもその残骸が真珠湾内に沈没したままとなっており、
アメリカ合衆国国定歴史建造物に指定されている。

同型艦


関連項目

アメリカ海軍 戦艦 前級ネバダ級 次級ニューメキシコ級

pixivに投稿された作品 pixivで「ペンシルベニア級戦艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 765

コメント