ピクシブ百科事典

マイン

まいん

マインとは、『アカメが斬る!』のもう一人のヒロイン。
目次[非表示]

プロフィール

「ピンチになる程アタシは強い!」
CV:田村ゆかり

年齢10代(タツミより一つ上)
身長155㎝
スリーサイズB77-W53-H78
血液型B型
好きなものスイーツ(特にストロベリーパフェ)
趣味ショッピング
使用帝具浪漫砲台パンプキン

人物像

殺し屋集団「ナイトレイド」の一員。
ピンク色の長髪と瞳を持ち、ツインテールが特徴的な小柄で華奢な少女。
自称「射撃の天才」に違わぬ高い集中力とセンスの持ち主、任務時の役割は主に遠距離狙撃、及び仲間と連携を取っての不意打ち射撃だが、1対1の戦いも十分熟せる。体もある程度鍛えてはいるようで、近距離戦が苦手というわけではない模様。
また、物語が進むにつれパンプキンの扱いはより一層磨きが掛かっており、著しい成長を遂げていく。

帝国西部の国境出身で西の異民族とのハーフ。
その為、幼少時代は周囲から差別や暴力による酷い迫害を受けて育ち、誰一人として助けてくれない孤独で悲惨な路地裏生活を強いられていた。(両親については不明)
そうした過去を抱えている為に『勝ち組』に対する執着心が強く、腐敗した帝国政権を打倒して新たな国家を作ったら革命の功労者としてセレブな暮らしを送ると豪語している。
ただし、その根底にあるのは新国家の誕生によって国交が開かれることで、「差別によって苦しむ子供をなくす」という、辛かった幼少時代に基づく理不尽な世界を変えようとする強い信念に他ならない。

そんな辛い経験の賜物か、強靭な不屈の精神と生きる意志を持っている。また、上昇志向の表れか、自信家で誰に対しても強気な言動をし、特にタツミに対しては強気な態度を取りがち。
しかし、一方でタツミに次いで(もしくは並んで)子供っぽく、感情的で甘い部分も多く見受けられる。
また、タツミのチャック全開時に恥ずかしがってそっぽを向いたり、小動物に弱いなどといった面もあり、年相応の女の子らしさも持ち合わせており、表情も非常に豊かで様々な顔を見せてくれる。
その所為か、世慣れした人間にとっては絶好のからかい相手らしく、新メンバーとしてチェルシーが加入してからはいいようにおちょくられており、ムキになって対抗しては毎度軽くいなされるのが風物詩となっていた。

このように気が強く物言いはきついが、ナイトレイドに身を投じた動機が本質的には『他人の為』であるように、根は心優しく仲間思い。
特に相棒であり、自分を助けて命を散らしたシェーレの存在は彼女にとって非常に大きなものになっており、形見である眼鏡は常に持ち歩いている他、帝国へと渡ったエクスタスを取り返した際はそれを抱き締め涙を流したり、加入早々その死を酷評したチェルシーには反感を抱くこともあった。
しかし、チェルシーのことも嫌っていたわけではなく、彼女の殉職後、これまで左右非対称だった髪留めがチェルシーを意識したリボンへと変更されており、彼女への思いが見て取れる。
そして、二人の死に関与した因縁の仇敵、セリュー・ユビキタスと再び対峙した際は、亡き二人との思い出を胸に壮絶な死闘を繰り広げた。

タツミとの関係

同年代であるタツミに対しては出会った時から新人の田舎者扱いして馬鹿にした態度を取り、売り言葉に買い言葉で頻繁に口喧嘩をする間柄である。
しかし時折見せるタツミの意外な根性に感心を示すこともあり、ブラートの意志を引き継いだ頃からは真っ直ぐに努力し成長を遂げていく彼を内心少しづつ認めていくようになり、お互い信頼はしている模様。
意地っ張りで素直になれない性格とタイミングの悪さもあって態度はなかなか改善せず、自分の方が立場は上であるという姿勢も崩さないが、シェーレなど亡き仲間への思いを共有したり、からかい合ったり、歯に衣着せぬ物言いで喧嘩したりと対等な関係を築いている。

それからしばらく…キョロク調査の休憩中にいつも通り喧嘩をしていたところ、安寧道の教主に声を掛けられ「赤い糸で結ばれている」と評されてから互いに意識していくようになる。
最初こそ否定していたものの、その後のセリューとの死闘における出来事をきっかけに自分の気持ちを自覚するようになり…
そして……

浪漫砲台パンプキン

巨大な銃の帝具。
使用者の精神エネルギーを衝撃破として撃ち出し、使い手がピンチになればなるほど(感情が昂ぶるほど)威力が増大するという奥の手いらずの特性を持つ。
その為、使い手にはどんな厳しい状況でも屈しない強靭な精神力が必要とされる。

銃口はアタッチメント式で換装が可能であり、小刻みに連射できるマシンガンタイプから極大のビーム砲タイプまでバリエーションは幅広く、狙撃用にスカウター型スコープなども備わっており、様々な任務や戦況に対応出来るようになっている。
精密な構造でありながら非常に頑丈であることも特徴で、また、その大きさから取り回しが難しく思われるが、適正のあるものには問題なく扱えるらしい。
ただし、あまり強いエネルギーを撃ち過ぎるとオーバーヒートを起こし、しばらく使用不可となる。

本来はナジェンダが帝国将軍時代に所有していた帝具だったが、帝国離反時にエスデスに負わされた傷が原因で扱えなくなり、革命軍合流後に新たな使い手として帝具に選ばれたマインが継承した。

余談

彼女の名前である「マイン」は『散弾地雷』を意味する言葉である。
由来は「弾けるように元気な女の子」としてネーミングされたものだが、原作者は一部の読者から「爆死するからだ」と言われてしまっていたらしい。

又、上記の浪漫砲台パンプキンの砲撃と中の人を連想して、某魔砲少女との中身ネタが浮上するかと思いきや、今のところそのようなイラストは確認されていない…。

演じる田村さんはマインをかなり気に入ったらしく、アニメ放送終了後のトークイベント『殺し屋たちの謝肉祭』において事あるごとにマインの存在を熱烈にアピール。
「アカメが主役でヒロインはマイン」と主張したり、スピンオフ『魔法少女マジカルマイン』を提案した。

関連イラスト

アカメが斬る!@アニメ楽しみ
-極限を超えて-


どうせ どんどんアタシの虜になるんだから!
寝巻きマインちゃん



関連タグ

アカメが斬る!
タツミ アカメ レオーネ ブラート ラバック シェーレ
チェルシー スサノオ ナジェンダ
セリュー・ユビキタス エスデス
タツマイ マインショック
ツンデレ ツインテール 貧乳 ちっぱい

他の記事言語

мине

pixivに投稿された作品 pixivで「マイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 841870

コメント