ピクシブ百科事典

マンダム

まんだむ

マンダムとは、株式会社マンダム。または、「スティール・ボール・ラン」に登場するスタンド。
目次[非表示]

概要

1企業の「マンダム」について

言わずと知れた、男性化粧品の老舗。
明治時代大阪府で「大崎組商会」が輸入物の香水をベースに独自に国産化した「金鶴香水」等を出したのがルーツであるが、社は倒産。その後大崎組商会の残党達といくつかの化粧品会社が合併し、1927年に「金鶴香水株式会社」を設立し原点となる。

その後、1933年に「丹頂チック」を発売しヒット。その後も派生商品を出してブランドの確立を機に1959年に「丹頂株式会社」に社名を変更。ライオンの「バイタリス」と共に整髪料等を中心にして堅調に事業を進めていく。
だがライバル社が男性化粧品の統一ブランド化を含めた進出で、丹頂は窮地に立たされ経営は悪化。丹頂も、同様の統一ブランドの販売を決意。慎重な市場調査の末に、1970年に「マンダム」シリーズを発売。巧妙な販売戦略もあり、大ホームランを出し窮地を脱した。
これを機に、1971年に「株式会社マンダム」へ社名変更。近年は女性向けにも進出するなど、現在も躍動的な活動を進めている。
「マンダム」はかつては「Man Domain」(男の領域)を意味していたが、現在は女性化粧品事業への進出を機に「Human&Freedom」に改められている。

奇跡の「V字回復」。死の淵の企業を救った男

丹頂を追い詰めたライバル・資生堂は、1963年に整髪料を中心とした「MG5」というブランドを出す。やがてバラバラで出していたヘアトニック・ヘアリキッド・アフターシェーブローション等の名称・製品のブランド統一と、黒と銀を基調にした容器デザインによる一体的な販売展開を敢行。そして、第一次ベビーブーマー世代の若者のハートを掴み大ホームランを収める。

  • 東宝の『続・若い季節』での「アポロ」(=プランタン化粧品)や『社長えんま帖(正・続篇)』の「アタック」(=マルボー化粧品)は、これがモデル【全て架空】。それだけ、当時は画期的だったかがわかる。
バラバラで商品を販売していた上に、ややブランドイメージが弱体化し始めていた丹頂はその攻勢に太刀打ちできず経営が悪化。ついにMG5に対抗する、男性化粧品のシリーズ化を目指す。
慎重な市場調査の上で、一番の要は「イメージキャラの確立」だった。MG5は、ジェリー伊藤中山仁に続き団次朗を起用し好評を博していた。かつては三船敏郎を起用したことがあった丹頂は、団に対抗するためにも強烈な人物が必要だった。その「白羽の矢」を立てたのが、チャールズ・ブロンソンだった。
そしてTV・CMを出すや、ターゲットの若者のみならず子供にもウケて大ホームラン。
  • ポスター泥棒も多発していたが、「お前、アゴに何かついてるぞ」・「う~んマンダム」といったパロディやイタズラも大流行。『サザエさん』でも原作・アニメでブロンソンがネタにされ、磯野波平が個性の理解に苦しみながらもちゃっかりヒゲのモノマネをやっていた。またプロレス中継にも流されたためか、イメージキャラをブロンソンではなくレスラーのスタン・ハンセンと誤解する視聴者もいた。それほどまで、TV・CMの影響が大きかった。
倒産寸前がウソのように、業績が回復。ついにはMG5に互角に渡り合える一級ブランドとなり、ほぼ二強状態で熾烈な販売競争を繰り広げた(他社も追従したが、インパクトのあるイメージキャラが少なく二強の要塞には近づけなかった…)。
その後マンダムは、1978年に主力ブランドを「ギャツビー」に移行。それを機に、一気にバリエーションを縮小(それは上級ブランドを出し、ワイドバリエーションを展開していたMG5も同じだった)。
それでも根強い人気からブランドの「マンダム」は残されヘアトニック・ヘアリキッド・アフターシェーブローション等に集約し旧・社名を残す丹頂チックと共に企業のマンダムへ「初心忘れるべからず」としてにらみを利かせ、よきライバルにしてベーシックグレートとして残るMG5と共に静かに市場のニーズに応えている。

2「スティール・ボール・ラン」について

【破壊力 - なし / スピード - A / 射程距離 - なし / 持続力 - E / 精密動作性 - なし / 成長性 - C】
リンゴォ・ロードアゲインのスタンドである。
肩に覆い被さるタコのような姿をしており、時間を6秒戻す事ができる能力を持っている。

この能力はチャールズ・ブロンソンが1のマンダムのCM撮影をしていた際に、天候待ちで撮影時間が足りなくなり延長を懇願するスタッフに、契約は絶対と言いつつも自分の時計を巻き戻し「まだ時間はあるぞ、急いで撮影をするんだ」と言って撮影を完遂させたという逸話を元にしている。
なお、リンゴォ・ロードアゲインの項目にもある通り、この逸話は当時のスタッフの脚色が多分に加えられた作り話と言えるので注意が必要である。

関連タグ

pixpediaで分割された項目

関連記事

親記事

pixpediaで分割された項目 ぴくぺでぃあでぶんかつされたこうもく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160670

コメント