ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ミァン・ハッワー

みあんはつわー

スクウェア(現:スクウェア・エニックス)のRPG『ゼノギアス』の登場キャラクター。単に「ミァン」で検索した方が多くヒットする。
目次 [非表示]

「そう。私は全てのヒトの母……」


人物

ミァン

年齢26才、身長172cm、体重52kg、スリーサイズはB86cm/W57cm/H86cm、

靴のサイズ24cm、指輪のサイズ10号、洋服のサイズML。


ミァン ソラリスゲート付近にて

ゲブラーの総司令官カーラン・ラムサスの副官を務める女性。また個人的な恋人でもある。

感情表現が薄く、機械的な印象を与える冷静沈着な性格。


ラムサスの副官となる前は、地上に逃れたシグルドの代わりにエレメンツの一員を務めていた。

また、ソラリスの守護天使「処刑人(エクスキュージョナー)」の正体でもある。


センシティブな作品

しかしそれらはあくまでも表向きの顔でしかなく、真の正体は『ゼノギアス』の世界の創世に関わる存在(イラストは飽くまでイメージ)。

一言で言えば「デウスの分身(代弁者)」である。

その為、世界の鍵を握るフェイ、そして同じ分身であるエリィとも因縁浅からぬ相手でもある。ただしグラーフによれば単なる代弁者ではなく本体とのこと。

このように様々な立場を持っており、ラムサス、グラーフ、カレルレンと様々な男たちと共に協力・利用しあっていた。特にラムサスとは肉体関係を持っている。まさに悪女である。


もともとは普通の少女だったが、彼女が12歳の時にフェイの母・カレン(ミァン0997)の死後に「ミァン」化。人類誕生後から数えて998番目のミァンとなった。

ただし代替わりにより「ミァン」の呪縛が弱まっていたため、カレンと同じく元の人格の意識は残っている。

言葉巧みにラムサスの行動や思考を操り、目的のための駒とする。終盤のメルカバーにて利用されていただけだったことを知り絶望したラムサスを煽り、自分を殺させた(曰く、ミァンは自殺ができない)。


ラムサスとミァン

「そう、……それでいいのよ、カール……。私は、自ら滅することは、出来ない運命……。」

「これで……すべての……願いが……かな……う。あなたと……」

最後の最後までラムサスを利用し尽くした一方で、死に際のセリフから、本心では純粋にラムサスと共に居ることを望んでいた節がある。


だがミァンそのものの意識は主体にて覚醒を遂げてしまう。直後、ビリーの銃を奪い取ってフェイを銃撃した。


不死身の特性

デウスから生まれた関係上、この世界の女性は誰もが「ミァン」となる可能性を抱いている。

たとえ今の「ミァン」が死んだとしても、どこかで別の女性が新たなる「ミァン」となり、自我を乗っ取られる運命にある。

OPで登場する髪の長い女性(ミァン0000)に始まり、ゼボイム文明では双子の女性(ミァン0661)が同時に覚醒。当時の国家元首の側近として暗躍していた。

上述の通り、代替わりを続けてきたことでその呪縛は弱まりつつある。


目的

その目的はデウスの復活。

ただそのためだけに存在し、そのためだけに我が身を捧げてきた。

ゼノギアス

ミァンの肉体はラムサスによって殺されたが、エリィが999番目の「ミァン」となったことで「エレハイム」と合一・支配する。そのままカレルレンと共にデウスの一部となり、ミァンの目論見通りデウスは復活・降臨した。

その後、この惑星そのものをデウスへと造り変えるべくテラフォームを開始。これを看過できないフェイたちはデウス内部へと乗り込み、最終決戦にてデウスの本体を破壊する事に成功する。


これで終わったかに思えたが、デウスからエリィを救出しようとするフェイの前に真のラスボス「ウロボロス」が現れる。これがどういう存在なのかは不明だが、その顔は「ミァン・ハッワー」に生き写しだった。

ゼノギアスと一騎討ちの末にウロボロスは撃破され、デウスは波動存在と共に別の次元へと姿を消したのだった。「ミァン」は代替わりを続けたことで呪縛が弱まっており、更にデウスが倒されたことでエリィは解放された。デウスが倒される時、それは「ミァン」という宿命の解放も意味していたのかもしれない。


グラーフによればエレハイムとミァンは単なるデウスの代弁者ではなく、彼女たちこそ本体であるという。

そのため彼は「ミァンが生まれることのない世界を築く為に人類を滅ぼす」という目的で動いていた。ただその過程においてデウスを復活させるという目的は同じという事もあり、あえて手を組んでいる。

ミァン自身もグラーフの思惑には気づいている節を見せており、グラーフがエリィを助けた時はその真意を問うている。もっとも彼から返答はなかったのだが……。


搭乗ギア


余談

スタッフが共通しているクロノクロスにおいて似たような境遇のキャラクターが登場している。


関連イラスト

エリィ(ミァン)冥き黎明



関連タグ

ゼノギアス グラーフ カレルレン カーラン・ラムサス

エレハイム・ヴァン・ホーテン エレメンツ オピオモルプス

タイトスカート


サラ・キッド・ジールクロノクロスの登場人物。オマージュキャラクター。


ツクヨミ(クロノクロス):クロノクロスの登場人物。オマージュキャラクター。


ヒカリ(ゼノブレイド2)ゼノブレイド2の登場人物。一部共通点がある。


カグツチ(ゼノブレイド2):ゼノブレイドの登場人物。一部共通点がある。


謎の少女(グローランサー):似たような設定の登場人物。


エストポリス伝記:よく似た設定の敵である「殺りくの神エリーヌ」が登場する。オマージュ元と言ってもいいくらいに類似点が非常に多い。

関連記事

親記事

ゼノギアス ぜのぎあす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132973

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました