ピクシブ百科事典

ミッドナイトレストラン7to7

みっどないとれすとらんせぶんとぅーせぶん

胡桃ちのの4コマ漫画作品。『まんがタイムスペシャル』に連載
目次[非表示]

胡桃ちのの4コマ漫画。芳文社の4コマ漫画雑誌『まんがタイムスペシャル』に2000年8月から連載中。同誌現連載陣の中では最古参となる作品であり、連載年数も18年を超える、超長期連載作品である。

作者である胡桃にとっても十分な実績を持つ代表作といえる作品。(胡桃は速筆多産の作家であるため代表作といえる作品は多く、活躍期間も長い。4コマ界においては本作以外の胡桃の代表作を答えることで世代がバレてしまうレベルの大御所作家でもある)

ちなみに本作メンバーの男女比(男性4人・女性1人)はONE_PIECEが元ネタであるとのこと。

あらすじ

大阪はキタのオフィス街の一角にある公園。その中にあるビルの地下に晩の7時から朝の7時まで店を開く「ミッドナイトレストラン」が存在する。
店を切り盛りするのは、元ホストのオーナーの下で自らの腕を振るう、その腕(と腕とは関係ない何らかの欠点)ゆえに世間から弾き出された最高のスペシャリストたち。
そんな愉快な仲間たちが集うレストランで、もしくは彼らの行く場所で、今日もさまざまな騒動が繰り広げられる。

登場人物

  • 天四郎(てんしろー)
    • 7to7店長。元ホストのプレイボーイ。(料理以外は)最強の俺様イケメン。実家は北の方の山の中でアウトドアはマイフィールド。ジビエなどを食べると里心がついて、ついうっかり方言が出る。
  • 織作(おりさく)
    • 7to7ウェイトレス。自身の本名は好きではなく、メンバーには「オリーと呼べ」と叫ぶ、無限の(国家・私家)資格を持つ女。効率の鬼とすら呼ばれる最強のウェイトレスで7to7のホールは彼女がいなくては回らない。その事もありメンバーからは折衷案として「オリさん」と呼ばれる。(料理と恋愛以外は)無敵の女。その美貌で常連の男性客を手玉に取るものの、実は地道な優等生タイプであるため身持ちは固く経験ナシ耳年増
  • 羽音(はのん)
    • 7to7バーテンダー。癒し系童顔……と思いきや族総長の過去を持つ7to7の裏番長。童顔の仮面が剥がれると恐ろしいことになる7to7最強の腕っ節を持つ男。16歳の時にレディースの先輩とヤッてヤンパパとなるも、18で件の先輩であるところの妻と死に別れ、子供を育てるためにバーテンダーになったという若くして濃い人生を送ってしまった知恵袋。さらに現在は再婚して妻の連れ子も家族となったため二児のパパとなっている。なお自分の店を持てるほどの腕を持ってはいるものの7to7にいる理由は「若いころに界隈でイロイロやらかして」いて、自分が顔となって店を出すと過去の敵(族のみならず、族あがりのその筋)から攻撃される可能性があるから。
  • 咲耶(さくや)
    • 本名は此乃花咲耶(このはな さくや)。7to7の料理長(といっても厨房には実質彼一人しかいない)実は19歳の未成年。天四郎と気が合うプレイボーイだがツメが甘いため、いつも女難に出くわす。そして懲りない。出会う女性は「個性的な」タイプが多く、通称「レアものに出会う男」と呼ばれることも。
  • 雅美(まさみ)
    • 本名は遠矢雅美(とおや まさみ)。通称はマサ。7to7のパティシエ。国際的一流ホテルの総パティシエ長すら勤めた日本最強のパティシエ。しかし三白眼かつ頬に傷、低い声と、その風体はどう見てもヤクザ。ホテルを追いやられたのも、腕を嫉妬していた一派から外見を攻撃材料にされたため。しかして頬につく深い傷はハンドミキサーの暴走によるものであり、いわば職人としての名誉の負傷ともいえ、誇りでもある。その外見には似合わぬ少女趣味&甘党。暴走癖を持ち時折、周囲を混乱に陥れる。生まれは大阪だが、両親の都合により小学生時に転校し、実家は金沢にある。
  • 和美(ワビ/かずみ)
    • マサの幼馴染で本業は一流デパートに所属するトップバイヤー。交渉成功率100%のスーパーキャリアウーマン。愛称は本名を音読みにしたワビだが、本来はかずみと読む。マサと同じく金沢出身。小学生時代のマサのクラスメート。出会って間もないころに風邪をひき学校を休んだ際、連絡のために見舞いに来てくれたマサによってフレンチ・トーストを作ってもらい、それ以降マサに惚れ込み続けた一途な女性。マサの顔を怖がらない、ほぼ唯一の女性である。単行本10巻でついにマサとゴールイン。


関連タグ

表記ゆれ

7to7

その他関連

胡桃ちの

pixivに投稿された作品 pixivで「ミッドナイトレストラン7to7」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1463

コメント