ピクシブ百科事典

モスコプス

もすこぷす

ペルム紀後期の南アフリカに生息した単弓類、獣弓類の一種。

概要

植物食性の分厚いが特徴的な獣弓類に属する単弓類の一種である。体長2.4~5mにもなる大型の獣弓類であり、名前の由来は「子牛の顔」から来ている。等はないが、とても分厚くて硬い頭が特徴である。この頭を使って、現生のヤギシカのように、同士がを巡って、頭突きしあって戦っていたと考えられている。

関連タグ

単弓類 獣弓類 スクトサウルス

関連記事

親記事

獣弓類 じゅうきゅうるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モスコプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33

コメント