ピクシブ百科事典

ユカポンのファン

ゆかぽんのふぁん

漫画『彼岸島 48日後…』の登場人物。(イラスト左下)
目次[非表示]

「ウルセェなユカポンは特別なんだよ その辺のクソ女と同じにするな」

「ユカポーーン!出ておいで! もう別の女は抱かないから 一生お前だけだよ だから出て来て 性器を舐め合いっこしようよ」

「アイドルがファンの手を振り払うなんて 一番やっちゃいけない事だろ」

「見せてやろうぜみんなに僕らの愛を ほら 壁に手ェついてこっちに尻出して」

「ユカポンと僕は愛し合ってる!! 今やろうとしたのは愛の行為だ!! 何も悪くねェよ!!」

登場話:第166話「池袋駅」

読んでみてよ 僕の永遠の概要ちゃん

池袋駅に現れた吸血鬼で、黒メガネに白T、アイドルのバッヂを服に付けた分かりやすいドルオタ。吸血鬼になる前からユカポン推しで、コンサートにしっかり通い、CDも買い、握手会にも何度も行くほどの筋金入りのオタク。日本がバンパイアウイルスで崩壊した後、ユカポンを発見し人間のまま飼っていた(本人曰く「そりゃ人間のまま飼うでしょ」)。ユカポンに肩を揉んでもらったお礼に胸を揉んだり(!?)、○ックスも好き放題、○ナルも開発したりと肉欲の限りを尽くした。要は一方的な愛や性欲の押し付けであり、ユカポンは恐怖から逆らわないだけで内心嫌がっているのだが、『自分がやっているのは愛の行為だからユカポンは拒絶しない、だから僕は悪くない』とぬかす女の敵。その上、ユカポンが思い通りにならないと恐怖と暴力で縛り付け、言うとおりにすると甘言をかけて表面だけは優しく受け入れるあたり、本人が自覚しているかは不明だが、人格的にはDVを働くクズ彼氏そのものである。

よしもうギンギンだ 活躍書こう

池袋駅にて逃げたユカポンを捕え、制裁として吸血した挙句、取り巻きの眼前でア○ル○ックスを強要している所で明達と遭遇、取り巻きを瞬殺され、自身もヤケになって襲い掛かるも返り討ちに合い両腕を切り落とされる。

その後、「ユカポンと僕は愛し合ってる、今やろうとしてたのは愛の行為」と命乞いをするが、最期はユカポンに頭をめった刺しにされ、今際の際までユカポンへの愛を叫びながら醜く死亡した。

見せてやろうぜみんなにユカポンのファンの余談を

明がボスの一角・姑獲鳥に敗北、鮫島は弟の精二がに喰い殺されて泣く泣く逃亡・・・というバッドエンドで幕を下ろした前章の次のエピソードがドルオタが手前勝手かつ生々しい愛の御託を並べながらアイドルを追いかけ、性的暴行を振るわんとした所を返り討ちにされるという衝撃的過ぎる展開だったため、情報解禁時は本スレが祭りと化した。

その特徴的な見た目から、アイスデブやエテ公に喰われた童貞らと同様、作者自身をモデルとしたキャラクターだと思われる。

バカ やめろ!そんな事したら 関連タグが読めなくなっちまうだろ

彼岸島 ドルオタ キモオタ 女の敵 チーズ牛丼 吐き気を催す邪悪

ハガッ バッ 外部リ゛ングッ ア゛イジテ・・ アイ゛・・ ア゛・・・・

【は?え?】彼岸島松本光司 避難所16軒目【で何その目】

情報が解禁されたスレ。>>287以降参照。必死に真実だと主張する投稿者、それに痛烈な非難や罵倒を浴びせるキモ笠たち、真実だと知った時の反応・・・ぜひご自身の目で確かめていただきたい。

関連記事

親記事

彼岸島 ひがんじま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユカポンのファン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5278

コメント