ピクシブ百科事典

ラクシュミ

らくしゅみ

本来はインド神話に登場する幸運の女神・ラクシュミーの表記揺れの一種なのだが、ここでは主にファイナルファンタジーシリーズに登場するラクシュミについて解説する。
目次[非表示]

概要

ファイナルファンタジーⅥに登場する女神の姿をした召喚獣

召喚すると女神が身もとろけるような『魅惑の抱擁』でパーティーのHPを回復してくれるのだが、何よりも目を引くのは薄布一枚のみを身に纏っただけの殆ど生まれたままの姿というそのお色気100%の魅惑の姿だったりする。

ちなみに某攻略本に掲載されている彼女のスクリーンショットは開発段階のものではないかと推測されており、なんとその姿は完成品よりもかなり際どい姿(具体的に言うと大事な部分はちゃんと隠れているのだが、手ブラのみで隠されていたり、布もの辺りまでずり落ちているという大変けしからん姿をしているちっ………よけいな事を………)。
ちなみに、流石に海外版ではまずいと判断されたのか、日本版よりも露出度は控えられているらしい。

なお、リムルが描いていたラクシュミのに憑りついた悪霊チャダルヌークの化けた際どい女性の姿は本来彼女のものであり、チャダルヌーク本来の姿は黒い死神のような姿の方である。

ラクシュミ


FF14におけるラクシュミ


蛮族の1つであるアナンタ族が信奉している蛮神の一柱。
美に加えて豊穣と癒しの力を持つとされており、その力は死者すら蘇らせる事が出来る(ただしその魂までは戻らないが……)。

また、アンタナ族にもその力の一部を分け与えたとされており、アナンタ族に女性しかいないのは彼女のお陰だという。

心優しい存在で『魅惑の抱擁』で信徒たちの心を癒しているが、その実態はあくまでも彼女の視点での救済でしかなく、それ故に最終的にはプレイヤーと対峙する事になる。

関連項目

召喚獣(FFシリーズ) 女モンスター チャダルヌーク ファイナルファンタジーシリーズ ラクシュミー

pixivに投稿された作品 pixivで「ラクシュミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3104

コメント