ピクシブ百科事典

ルドン送り

はかばおくり

ルドン送りとはロマンシングサガ2に於けるプレイヤーとしての暗黙の了解である。
目次[非表示]

概要

ロマンシングサガ2においてバレンヌ帝国皇帝ルドン高原に送り、殺害する行為のこと。
公式の名称ではなく、プレイヤー同士で用いられる言葉である。

当時インターネットというものが無い中で多くのプレイヤーがルドン送りというのをまるで暗黙の了解のように行っていたことはある意味面白い現象であると言える。

前提

そもそも、ルドン送りが行われる最大の理由は、プレイヤーが「パーティの要である皇帝を変更したい」ためである。ロマンシングサガ2では一部の例外(皇帝がレオン最終皇帝時や年代ジャンプ時)を除き全滅皇帝のLPが0になることで皇帝継承が行われ、別のキャラクターが皇帝になるというシステムであり、皇帝となったキャラクターによってストーリーの進行が変化したり、陣形を習得できたりするといったメリットがある。

皇帝となるキャラクターは常に自由に変更することができるわけではない。一方で、皇帝のスキルレベルやHPなどは、次の皇帝にそっくりそのまま引き継げる。すると、必要ない仲間を外す時や新しい仲間が必要な際は故意に殺害するのが手っ取り早いことになり、プレイヤーの間では「謀殺」という言葉・行為が一般化している

また、新たに加える仲間のスペックは、これまでゲーム中トータルで育成した熟練度に依存するので、手塩に育てていない者がいきなり強い状態で加われるという点は重要であり、もしも新規加入キャラを一から育てなきゃいけないシステムだったら、ここまで謀殺が行われることは無かっただろうと思われる。この点は半熟英雄シリーズとも深い共通点を見出せる。育てる意義が希薄になったとき、人は人材を人材と思わなくなるのだ。

その為、多くのプレイヤーはルドン高原を皇帝の死に場所として選び、突貫させていった。
死ぬ手間が掛かるため、任意で皇帝継承をさせて欲しいという意見も多いが、同作の皇帝継承のシステムの根幹に「かつての皇帝の遺志を新たな皇帝が継ぐ」という設定が存在する為、任意の皇帝継承はその設定を崩壊させてしまうと言えなくも無い。
(余談だが、コミカライズ版は生きたまま皇帝継承するシーンが何度かある)

全滅した場合には帝国領で待機しているメンバー、皇帝LP0の場合には残ったパーティキャラから次の皇帝を選ぶ。どちらを選ぶかは状況で判断しよう。

ルドン高原である理由

ちなみに、皇帝の死に場所として選ぶ場所はルドン高原である必要は無い。抑も、同作では敵の強さはプレイヤーの戦闘回数に比例する為、固定の敵を除けば、どのダンジョンであっても敵の強さは同等である。

では、何故多くのプレイヤーはルドン高原を選んだのか。それには以下の理由が考えられる。

  1. 物語の進行に関わらずモンスターが入り口付近に存在する
  2. 物語序盤から出現させられる
  3. アバロンから近い
  4. ストーリーにあまり関わらない場所なので、収入に影響が無い
特に南方からの入り口付近に爬虫類系のザコ敵が配置されている為、入ってすぐに強力な敵と戦える可能性が高い。結果手頃な謀殺場所として知名度が高まってしまい、「謀殺」の別名として「ルドン送り」というスラングが生まれた

ロマンシングサガ2ではストーリーの進行によってダンジョンからモンスターが消滅してしまう事も少なくない。そんな中でルドン高原は出現時から最後までどのようなイベント進行をしたとしてもモンスターが消滅することが無い。また、入って直ぐにモンスターが出現するため、エンカウントをしやすい。

そして、自由なイベント進行が出来るロマンシングサガ2ではあるが、ルドン高原は比較的序盤に訪れることが多い(ジェラールの代で行くことも可能)うえ、ルート上は必ず帝国領にするフィールドというのも大きな要因であろう。

また、局面によっては、皇帝以外のメンバーを謀殺するにも役立つ。敵によってはHPの低い相手を狙ってくるため、条件を満たせば謀殺が非常に簡単だからである。そして、多種多様な敵が出るこのマップでは、そうした戦術を採りやすいというメリットもある。

なおコミカライズ版でも武装商船団の仲間が「ルドン高原に行っちまえ!」と怒鳴るシーンがある。

公式推奨

『大全集』において、「仲間が死ぬまで外せないのは『武士道は死ぬ事と見付けたり』のようなもの」「仲間は倒れても次の者が名乗りを上げる為、限界は無い。悪い言い方をすると使い捨てが可能なのだ。いらなくなった仲間は遠慮なく殺そう」と書かれている。

果ては「全てのスキルを効率よく上げるには、皇帝を早く交代させることだ」とまで明記されており、謀殺とは公式に推奨されているのである

また、アプリ版の追加クラス陰陽師忍者に至っては、仲間に加えて現皇帝をLP0にさせるしか皇帝継承の方法が無いため、いっそう需要が上がった。

余談

魔界塔士Sa・Gaでは、ギルドで仲間を加えることが出来る。
仲間がいっぱいのとき、ギルドで仲間を入れ替えようとしても現在のメンバーが嫌がるため無理だが、
仲間が死んでいる場合は死人に口なしでそのまま入れ替えることが出来る。
入れ替えれば復活費用の節約になるほか、強い仲間を入れるためにわざと仲間を殺して入れ替える場合もある。
謀殺の歴史はこの頃から始まっていたのである。

ロマンシングサガ3では「バードソング」という、味方に小ダメージを与えて睡眠状態を解除する術がある。
戦闘不能の仲間がいれば、この術でLPを減らすことが可能。携帯型ルドン高原である。
もっとも、ロマサガ3では謀殺を狙う機会はあまりなく、パブで外せない仲間を外すときか、バグ技を使うときくらいになると思われる。

関連タグ

ロマンシングサガ2 ルドン高原 謀殺

pixivに投稿された作品 pixivで「ルドン送り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7612

コメント