ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ル・テメレール(アズールレーン)

るーちゃん

艦船擬人化シューティングゲーム『アズールレーン』に登場するKAN-SEN(キャラクター)のひとり。モチーフは、フランス海軍のル・アルディ級駆逐艦「ル・テメレール」。
目次 [非表示]

ようやく見つけました!指揮官、これからよろしくおねがいします!

……名前? あ! 私、自由アイリス教国所属のラントレピード級駆逐艦、ル・テメレールって言うんだ!


プロフィール

レアリティSR
所属アズールレーン自由アイリス教国
艦種駆逐艦
艦級ル・アルディ級10番艦/ラントレピード級2番艦(※)
イラストレーターりいちゅ
CV後藤麻衣
入手手段特別補給:演習ショップ
自己紹介ラントレピート級のル・テメレールだよ! あの大戦では色々あって完成しなかった艦だけど......こうしてみんなと一緒にいられるなんて本当に嬉しいよ!
公式紹介文自由アイリス教国所属、ル・アルディ級の一隻。かの大戦の世界では建造されなかった未成艦。大胆不敵でちょっとだけ大雑把。ダンケルク級を護衛するために設計されたからか、かなりの甘党。

(※)後述の通り全弾発射スキルではル・アルディ級扱いだが、本人が自己紹介でラントレピード級と名乗っているため併記する。


概要

ゲーム『アズールレーン』に登場する、アイリス所属の駆逐艦KAN-SENのひとり。

サービスイン1周年となる2018年9月14日に期間限定建造で実装。その後小型艦建造で常設され(現在は削除)、2024年2月現在は特別補給の演習ショップからお迎えできる。


キャラクター像

容姿

センシティブな作品

見ての通りとてもおっきい。それでいてふかふか感と柔らかさの伝わるボリューミーなブロンドヘアーに鮮やかな碧眼、アホ毛がチャームポイントの女の子。

なお、後述の同人誌での描写から身長自体は駆逐艦相当の模様。あの大きさで。

上に目がいきがちだが太腿も白い二ーソックスに食い込みが入る程の肉感をお持ち。それでいてコルセットで引き締めているとはいえ胴は細く、理想的なボンキュッボンの体躯をしている。繰り返すようだが駆逐艦です。

なおタッチ2セリフから心の準備ができていればお触りOKな可能性がある。


性格

名前の通り、遊ぶことが大好きで考えた事は即行動に移す活発な女の子。戦いでも遊びでも執務でもパワーに任せて突っ込んでしまいがちであり、親友のルピニャートからも釘を刺される時がある。

その割に史実はかなりの不幸艦。手に入れた指揮官諸君は是非とも愛してあげてください。


指揮官のために色々と考え、頑張れるできる子なのだが良くも悪くも後先を考えないので天然で大胆なミスをやらかす事も多く、ボロボロになりながら「こ、ここはどこー!?」と叫ぶのは序の口。だがそれがいい

一方でパーソナルスペース0cmな快活さの裏には恋愛感情をよくわかっていないところがあり、「友達以上の大切な関係」がどういう行動をすればなり得るのかという視点で考えてしまうところも。


あだ名は「ルーちゃん」。作中でも現実世界でもこの名前が出たら彼女だと思って間違いない。

あえて言うならば、怠けない方のルーちゃんであり、速すぎない方のルーちゃんであり、魔法を使わない方のルーちゃんである。

・・・「ルーちゃん」多いなアイリス艦!!! 冠詞だから仕方ないけど!!


簡潔にまとめれば「巡洋戦艦のお姉さんに憧れているとにかく明るくて失望状態でも指揮官を見放さないグラマラスな駆逐艦」......気のせいだろう


性能

スキル「大胆不敵」による自身へのバフを生かし、正面から主砲で殴り合うのに適した性能となっている。戦艦型ボス戦や駆逐の厄介なステージに連れていくと大胆不敵に突っ込んで高い戦果を挙げてくれることだろう。

一方で専用装備なしでは「大胆不敵」のせいでただでさえ低い対空が40%も下げられ、さらに自分自身は「機動艦隊護衛」のダメージ軽減対象にならないので素で大ダメージを受けやすい。特に演習ではなどの先制空爆で大胆に落ちる危険性がある。あくまで駆逐艦の範疇なので過信しないように。


スキル

  • 大胆不敵(支援)
前衛艦隊の先頭として出撃時、自身の対空が40%、命中が20.0%(Max5.0%)ダウンし、速力が3、回避が6.0%(Max12.0%)、火力が13.0%(Max25.0%)アップ

編成が限定され、対空・命中が下がる代わりに生存能力と純粋な火力が上昇するステータス。防御と精密性を捨てて殴りに特化するまさしく「ル・テメレール」な彼女らしいスキル。ただし同じアイリスの駆逐となるとル・トリオンファンと席の取り合いになってしまうのが悩ましいところ。

先頭列(編成画面における前衛では左側)になるために否が応でも敵の攻撃に晒されやすくなるうえ、前衛の魚雷攻撃一発目が絶対に彼女のものとなるため、良い装備を持たせてあげるといいだろう。ステータスが育っていないからと真ん中や後ろに置くとこのスキルが発動しなくなるため注意。


  • 大胆不敵+(支援)
戦闘中、自身の回避が6.0%(MAX12.0%)・火力が13.0%(MAX25.0%)・速力が3アップし、20秒ごとに40.0%(MAX70.0%)で特殊弾幕Lv.1-10を展開する(威力はスキルレベルによる)。さらに戦闘開始時、味方前衛艦隊にアイリス・ヴィシア所属の艦船がいる場合、戦闘開始3秒後この特殊弾幕Lv.1-10を展開する。

専用特殊装備「ルーちゃんとピーちゃん」を最大(+10まで)強化して装備させると「大胆不敵」からこちらに置き換わる。

編成縛りとデメリットが削除され、弾幕が追加される。純粋強化であるため資材に余裕があればぜひ導入しておきたい。


  • 機動艦隊護衛(防御)
自身が戦闘可能状態である限り、同艦隊の主力艦隊が受けるダメージを3.5%(MAX8.0%)軽減し、自身が受ける駆逐艦・軽巡洋艦による砲撃・雷撃ダメージを1.0%(MAX10.0%)軽減する。同じスキルの効果は重複しない

主力が戦艦や艦載機、自爆ボートの突進で受けるダメージをカットし、かつ彼女自身がうけるダメージもカットできる生存能力特化のスキル。「大胆不敵」を活かす以上、矢面に立たざるを得ない彼女の生存性を高めることができる。

欠点は戦艦・空母・重巡のヘビィな攻撃には効果がないこと。敵主力艦隊や機動艦隊との戦闘には注意がいるだろう。


ルピニャートとは重複しないため、同時編成を前提にするならどちらか片方だけ育てておけばよい。


  • 全弾発射-ル・アルディ級
自身の主砲で15回(IIで10回)攻撃する度に、全弾発射-ル・アルディ級を行う

通常弾の2way弾3発を直線状に3連射する。


史実解説

モチーフになったのは、フランス海軍のル・アルディ級駆逐艦10番艦「ル・テメレール」(Le Téméraire)。

艦名は「向こう見ずな」という形容詞で、ゲーム中では「大胆不敵」と意訳されている。フランス海軍では伝統の艦名であり、彼女でなんと15代目。

わかりやすく言うと「猪突猛進!猪突猛進!」。あと「テ""レール」であり、テメールではない。


本人は入手時台詞で「ラントレピード級」と名乗っているが、これはル・アルディ級のうち1938年度計画で追加された「ラントレピード」以降を呼び分けたもの。


ル・アルディ級はラドロア級(ゲーム内ではフォルバンル・マルスが該当)の後継にあたり、結果的にフランス海軍の戦時中の駆逐艦としては最後の級となった。同級の建造は全12隻が予定されていたが、8隻で打ち切られたためラントレピード以降は未成艦である。

...お察しの通り、彼女はその未成艦の4隻の内1隻。「作りはしていたが進水までで終わった」というにくすべさんタイプ。

ゲーム内で他にル・アルディ級のKAN-SENは登場しておらず、後に登場した同型艦も同じく未成艦のルピニャートのみ。完成して実戦に出たル・アルディ級は2024年2月現在でも未だ実装されていないという妙な立ち位置にある。

ネームシップのル・アルディをはじめ、実際に就役していた8隻を差し置いて登場した理由については諸説が飛び交っているが、「先に登場していたル・トリオンファンが現代では原子力潜水艦として現役であり、その2番艦が『ル・テメレール』だから」、という説が上がっている。


1939年8月28日起工、1941年11月7日進水。その後完成することはなく、消息は不明。1944年8月にトゥーロンで爆撃され沈没した、とする資料もあるが確証がなく、戦後解体されたことのみ分かっている。


戦後は先述したル・トリオンファン級原子力潜水艦の2番艦「ル・テメレール」(S617)に艦名が受け継がれている。


余談

センシティブな作品

担当絵師にたくさんの愛を注がれている子の一人である。彼女の担当絵師はりいちゅ氏。

テメレールの実装前後にアズールレーンでは表情差分機能が実装され指揮官たちの話題となっていたのだが、それまではせいぜい3~4種類だったところ、彼女はなんと12種類もの表情差分を引っ提げて参戦。アズレン史上初めて表情差分説明のための2枚目の画像を用意させ、指揮官たちの度肝を抜いた。

その後実装された水着スキン「サマー・ルーちゃん!」ココイチコラボスキン「ドリーム・ドルチェ」でも膨大な表情差分が投入されている(2枚目の画像が用意されたのは言うまでもない)。

センシティブな作品ル・テメレール抱き枕カバー

実装直前・直後にはりいちゅ氏から...もといイラスト投稿があったうえ、ダイマでは飽き足らずバッチリ実装日にお迎えし、その月のうちに入籍している。誰が言ったか嫁の自給自足


それだけでなく、彼女が主人公の同人誌(全年齢)が3冊出ている他、なんと抱き枕カバーが受注生産されたことまである(上記イラスト)。公式SHOPからの販売ではないので激レア。

あくまで「公式絵師の二次創作」という体なのでアズレン本編におけるルーちゃんの非公開設定が隠れているわけではないが、りいちゅ氏の考えるルーちゃん像を理解するにはもってこいなお話にあふれている。とにかく可愛い。

紙媒体では絶版だが、電子版ならば現在でも販売中である。お手に取ってみてはいかがだろうか?


センシティブな作品

また、実は水着スキンは先にりいちゅ氏がルピニャートの水着スキンで描いていたデザイン(もっというとその前に落書きで描いている)であり、圧倒的な愛に公式が応えた形になっている。


その甲斐あってか2019年のアズールレーン公式人気投票では復刻が来ていなかったにもかかわらず予選84位とかなり健闘し、その後のグループ戦で落選するも42万票と決して少なくない票数を獲得していた。好色選挙法違反無しでこの結果というのも特筆すべきだろう。


カンレキこそ災難と不幸に見舞われ続け知る人ぞ知るマイナーな艦船だった彼女だが、アズールレーンでは担当絵師をはじめ多くの人から愛を受け取っている果報者なルーちゃんである。


関連イラスト

るーちゃんセンシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品


関連タグ

アズールレーン

アズールレーン(勢力) アイリス(アズールレーン)


ルピニャート:同郷の親友。史実では姉妹艦。

グレンヴィル:絵師が同じりいちゅ氏。こちらの所属はロイヤル


マラニーインディペンデンス伊吹:担当絵師に愛を注がれまくっているつながり。

関連記事

親記事

アイリス(アズールレーン) あいりすあずーるれーん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2658202

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました