ピクシブ百科事典

ルードウィヒ・B

るーどうぃひびー

手塚治虫の漫画作品。絶筆3作の一つ。
目次[非表示]

漫画の神様、手塚治虫最期の少年漫画にして伝記漫画。
ベートーヴェンの生涯を虚実交え描いていく。
2014年には舞台化され手塚治虫以外の手による結末が描かれ、アメリカのクラウドファンディングサイトkickstarterにて英語版出版の為の資金調達計画が達成される(リンク)等、未完結ながら愛される作品である。
因みにkickstarterでは特典が豪華になるとは言え一人で4000ドル以上支援した人が居る。

概要

手塚治虫がクラシック音楽を愛好する事は有名であったが、特にベートーベンは作画時キャラクターが死ぬ時に必ず『悲愴』を掛けるという思い入れの強い音楽家であり、ドイツへの取材等相当の気合いを入れて連載が開始された作品。
伝記漫画としては手塚治虫が好む架空の重要人物を登場させる手法が行われている作品であるが、特にその架空の人物がもう一人の主人公ともいえるほど大きく扱われている。
様々な苦難にぶち当たりながらも、明るく前向きな、それまでと異なるイメージのベートーヴェン像に対し、一般的にイメージされる苦悩の人と言うイメージはむしろフランツの方にこそ当てはまるかもしれない。

登場人物

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

絶筆により若年の頃で終わったのも有るがショタ化している。

フランツ・フォン・クロイツシュタイン

架空の人物。全てのルートヴィヒと言う名前の者を殺そうとする。グギャア!


関連イラスト

ルイとウンコ先生


関連タグ

ルードウィヒ・Bに関係するタグがありましたら、紹介してください。

この記事のカテゴリ

作品名

pixivに投稿された作品 pixivで「ルードウィヒ・B」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12985

コメント