ピクシブ百科事典

ロザリー(スライム倒して300年)

ろざりー

小説『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』の登場人物
目次[非表示]

CV:杉山里穂

人物

幽霊の少女。享年15歳で死後約200年。髪型はショートボブ。

ナスクーテ町のハルカラ製薬工場建設地にその昔住んでいた商人の娘で、父から貴族に嫁げると言われていたが、実際はお金に困った父によって遊郭に売られることが判り、悲観して首吊り自殺
以後、地縛霊として家があった土地を守る為に余所者を追い払っていた。

ハルカラが幽霊騒動に困ってアズサに話し、ベルゼブブの力を借りて捕縛成仏したくないという彼女の希望とアズサの提案により、ハルカラに憑依して高原の家へ移動、一緒に住むことになった。当初はハルカラの体からなかなか出られずに周囲を焦らせたがなんとか憑依を解くことができ、住んでいた土地から離れたことで地縛霊ではなくなったため自由に移動できるようになり、ナスクーテ町にはアズサの助力も得ながら自己紹介して馴染んだことによって幽霊騒動も収束した。
アズサのことは「姐さん(ねえさん)」、ライカ、ハルカラ、フラットルテのことは「姉貴」または「姉御」と呼ぶ。

本人曰くかつては町でも評判のおしとやかな娘だったが、親に裏切られたことによってグレたとのことで、足を広げて座ったり、ぶっきらぼうな口調だったりと見た目とは裏腹にメンタルはヤンキー
幽霊なので壁などをすり抜けられ、ポルターガイストを使い物を動かすことが出来るため、家事の交代にも入っているが、味見だけはできないため、料理の当番はしていない。また、憑依能力も健在であり、これを駆使して冤罪にかけられたハルカラの裁判を逆転勝訴させた。ただし、憑依を解くには水に飛び込む必要がある。
幽霊であるためか、独特の価値観を持つ。幽霊なので衣服も霊体の一部のため着替えはできなかったが、アズサがイメージを強化する魔法を作り、特別なときには着替えられるようになった。

なお、分類上は悪霊であるためか、ひょんなことから成仏しかけたことが何度もある。

後に正確な死亡年が分かり、サーサ・サーサ王国で盛大な二百回忌が行われた。

関連イラスト

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました



関連タグ

小説家になろう スライム倒して300年
アズサ・アイザワ
幽霊 地縛霊 ヤンキー

関連記事

親記事

スライム倒して300年 すらいむたおしてさんびゃくねん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロザリー(スライム倒して300年)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 360

コメント