ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ローレライの乙女たち

ろーれらいのおとめたち

正式名称は『ハイスクール・フリート ローレライの乙女たち』。 ヴィルヘルミーナを主人公としたアドミラル・グラーフ・シュペーノTV版前日譚である。
目次 [非表示]

概要

ハイスクール・フリートのコミカライズ作品の一つで、ヴィルヘルミーナを主人公としたスピンオフ作品。

月刊コミックアライブにて、2016年7月号から2017年10月号にかけて連載された。全3巻。

作画は槌居氏で、今作と以前に連載したリトルアーミー、同時期に連載していた『ストライクウィッチーズ エーリカ・ハルトマン1941』で角川の陸海空を制覇している。


本作はヴィルヘルミーナがテアの出会いから、アドミラル・シュペーのクラスのTV版本編までの出来事を描いている。全3巻。

漫画版「はいふり」では戦闘描写が一切無かったが、こちらでは何度か艦隊戦が実施される。


あらすじ

幼馴染のレターナと共に海洋学校へ進学したヴィルヘルミーナは、海の妖精と渾名されるテアと出会い、彼女の友達になろうとする。それはテアを敵視するクローナ一派との対立の始まりでもあった。

やがてアドミラル・シュペーの副艦長になったミーナは、艦内の呼吸をひとつにまとめようとしていく。潜水艦で迫る海賊の討伐、英国艦隊とドイツ艦隊の模擬戦。

やがて日本艦隊との合同演習に参加する直前に、ミーナはテアを母に会わせようと画策するのだが…


登場人物

「アドミラル・グラーフ・シュペー」

ヴィルヘルミーナ

本作主人公。ここではドイツ語で話しているという設定なので、広島弁ではない


テア・クロイツェル

入学試験で数年ぶりに満点を叩き出し、その容姿から「海の妖精」と称されるのだが、入学当初から後述のクローナによってイヤガラセを受けていた。

作中初期では、あらゆることに無関心な状態であったが、様々な出来事を経てミーナに心を開いていき、その才能を伸ばしていく。

母親もブルーマーメイドとして優れた人物だと、様々な人から称賛されていた。

最終話では、艦長帽をヴィルヘルミナに託し、シュペーから砲撃を受けている艦にシュペーの現状を伝えるように下船を命令した。


レターナ・ハーデガン

航海長。TV版で万里小路楓と対峙した際、左側に居た人物。

ミーナとは、海洋準備校に入る前からの幼馴染。ミーナから野生児と言われるほど、運動神経が良く、中型スキッパーの免許を持っている。

レンから「士官を目指さないのか?」と問われた際、「性に合わない」と答えていることから、能力は有る模様。

最終回でのRATt感染時にはミーナに襲い掛かり、ミーナはローザからの報告とレターナの襲撃から、異常を知った。


ローザ・ヘレーネ・カールス

書記。TV版ではミミちゃんに感状を与え、シロちゃんブルスト五十六に取られた際、真ん中に居た茶髪の人物。

ミーナとテアとは、海洋準備校以来の仲。

頑張り屋さんで、テニスを嗜んでいる。

リーゼロッテを苦手としている。

最終回ではミーナに異常を知らせ、彼女を逃がすために隔壁を塞いでいたが、彼女もRATtに感染してしまった。


リーゼロッテ・フォン・アルノー

砲術長。TV版ではシロちゃんがブルストを五十六に取られた際、右側に居た金髪の人物。

劇場版では水上無差別合戦で、水着が脱げたため、恥ずかしくて海に飛び込んだ。

旧貴族の出身で、ベロナ家の事情も知っていた。ミーナとは海洋準備校以来、何かと張り合っているものの、同じ船に乗り込む事になる。

野心家で、いつかテアを出し抜いて艦長になろうと虎視眈々と狙っている。

最終回ではレーダーの異常報告で修理に向かったことから、その際にRATt感染したと考えられる。


アウレリア・ブランディ

水雷長。TV版で万里小路楓と対峙した際、右側に居た人物。救出後の晴風と慰労会において食事を作った。

リーゼロッテの取り巻きの一人で、外見からキツそうに見えるが、わりと小心者。

最終回ではリーゼロッテにで修理に向かったことから、その際にRATtに感染したと考えられる。


ロミルダ・ハンネ・カールス

機関長。TV版で万里小路楓と対峙した際、中央に居た人物。

愛称はロミーで、誰からも愛されるシュペーからのアイドルだが、実は計算高い性格で腹黒い。

エリーザとは幼馴染で、その性格と行動の真意をよく指摘される。


レオナ・ベックナー

機関助手。TV版では救出後の晴風と慰労会において食事を作った長髪の子。

ジャパニーズカルチャーが大好きで、ミーナに仁侠映画を教えた張本人。

スタイルが良すぎて和装が似合わないのが悩み。

適性試験でベロナから圧力を受けていたが、容姿が似ているため、ミーナが入れ替わって潜入するために利用された。

機関助手であるはずだが、作中の演習や戦闘などでは頻繁に艦橋に居る。

最終回ではサンドラと共にRATtに感染し、ミーナとローザに襲いかかった。


アレクサンドラ・ティエレ

会計。TV版では野間がシュペーに乗り込んだ際、対峙した4人の内、一番右に居た人物。

愛称はサンドラ。レオナとは海洋準備校入学時からの中。

貧乳を気にしていて、胸の話を殴られるので注意。「巨乳は敵」とのこと。

最終回ではRATtの物音に気付いている描写があったため、早期に感染したと考えられる。

救出後の晴風と慰労会における描写から、彼女も野間のファンとなったことが窺える。


マリーア・ローフ

保健委員。TV版では野間がシュペーに乗り込んだ際、対峙した4人の内、右から2番目に居た人物。

包容力のあるお母さん的存在で、よく対立するミーナとリーゼロッテを諫めている。

救出後の晴風と慰労会における描写から、彼女も野間のファンとなったことが窺える。


エリーザ・アウグスタ・レーマン

見張り員。TV版では野間がシュペーに乗り込んだ際、対峙した4人の内、左から2番目に居たカーディガンの人物。

寝坊助な性格だが、頭脳明晰。マリーアによく気に掛けられている。

救出後の晴風と慰労会における描写から、彼女も野間のファンとなったことが窺える。


エルフリーデ・ルフト

炊事委員。TV版では野間がシュペーに乗り込んだ際、対峙した4人の内、一番左に居た人物。

ミーナは彼女が作る料理を絶賛している。当人はよくつまみ食いをするため、ぽっちゃりとしてしまったことが悩み。愛称はリーデ。

救出後の晴風と慰労会における描写から、彼女も野間のファンとなったことが窺える。


「ビスマルク」

クローナ・セバスティアン・ベロナ

ビスマルク級大型直接教育艦「ビスマルク」艦長。代々海軍トップを輩出している名家の出で、それを鼻にかけている。メカクレの髪型。

どうやら以前からベロナ家とクロイツェル家の仲が悪いらしく、テアの味方になったミーナにも厳しい態度やイヤガラセを行う、冒頭からのライバル的存在になる。

海洋学校主席卒業者が搭乗すると決められた戦艦ビスマルクは、テアがミーナとの約束を守るために辞退したので、これで更にテアを敵対視するようになってしまった。ただ威張り散らしているだけではなく、度胸もある模様。


ザスキア・ラウデール

ビスマルク副長。ベロナの取り巻きの一人。


ビアンカ・フォス

ベロナの取り巻きの一人。


「ヴュルテンベルク」

レン・シュテーゲマン

バイエルン級大型直接教育艦「ヴュルテンベルク」艦長。第2巻に登場。

中型スキッパーの免許を持っており、ミーナと競争した。

ミーナに「艦長にならないのか?」と訊ね、「既に付いていくと決めた艦長がいる」と答え、「忠誠宣誓は時代遅れじゃないのか!?」と呆れた。

とある事件をきっかけにブリジットから「レン様」と呼ばれ、慕われるようになる


ジルケ

「ヴュルテンベルク」副長。影が薄い。


「キング・ジョージ5世」

ブリジット・シンクレア

英国キング・ジョージ5世級大型直接教育艦「キング・ジョージ5世」艦長。第2巻に登場。

天真爛漫な見た目からは想像も出来ないが、教頭からは「教師生活30余年の中で彼女以上はいない」と称される天才。

とある事件をきっかけにレンを慕うようになる。


キャリー・ピアレット

「キング・ジョージ5世」副長。ブリジットの御傍付き。通称キャビア。

貧乏性で高価なものに敏感。贈り物を送る際、「タダであげる」ということに抵抗があり、なかなか手を離せない。

ブリジットの指揮能力を心酔しており、彼女が作戦指揮を行えるようにサポートすることに力を尽くしている。


超大型巡洋直接教育艦「フッド」

グレニア・リオン

英国アドミラル級超大型巡洋直接教育艦「フッド」艦長。第2巻に登場。

大型艦の艦長であるが、艦のサイズに反比例して当人は小さく、口数も少なく、短気な性格。

合同訓練プログラムの親善試合では、開口一番に「ぶっ潰す」と吠えるほど。


ドロシー・ウィリアムズ

「フッド」副長。超短気なリオンをよく宥めている。

時々、口を滑らして「後で艦長室な」と言われることもある。


ネルソン級大型直接教育艦「ロドニー」

チェンバレン姉妹

英国ネルソン級大型直接教育艦「ロドニー」の艦長副長を務める双子の姉妹。第2巻に登場。

姉がマニ・チェンバレン、妹がララ・チェンバレン。

姉妹共に恥ずかしがり屋で気弱な性格をしている。


航洋艦「リンチェ」

アンネッタ・パリオッティ

イタリアの「リンチェ」艦長。第3巻に登場。

悪戯好きで色々なことに興味を示し、その度に問題を起こす疫病神。

胸部にパッドを入れており、テアから開口一番に指摘された。

落第寸前で単位を採るための日本への遠洋航海の途中、地中海でのブルーマーメイドによる通行規制で足止めを喰らった際にミーナたちと出会う。

ブルーマーメイドの指示を無視して突破しようと持ち掛け、断られればシュペーを囮に利用するなど策士なところもある。チェス世界大会の上位者の腕前で、テアを三度も降した。


その他

ケルシュティン・ロッテンベルク

ヴィルヘルムスハーフェン校学長。かつてテアの母の担任を務めていた。


マイヤー

ヴィルヘルムスハーフェン校教官。かつてテアの母の同期で、彼女の艦の副長を務めていた。

マリアとはそりが合わないのか、「真に遺憾ですが彼女の艦の副長をしていた」とイライラしながら言ってた。6年以上前にマリアから託された艦長帽をテアに渡した。


サシャ・エバンス

ダートマス校教頭。第2巻に登場。


リンゴル

地中海で海賊を取り締まりを行っているブルーマーメイド指揮官。第3巻に登場。

ブルーマーメイドになるも、感謝されるばかりでなく、罵倒されることも多いことに憔悴していた頃、かつて指導教官だったテアの母の「全てを愛せ」の言葉に助けられたため、彼女に恩義を感じている。

テアがクロイツェルの娘と知り、特例で護衛付きで通行を許可する。

途中現れた海賊との戦闘の最中、襲われている貨物船と海賊の動きから、両者がグルだということに気付いたテアの才能に感嘆とした。


マリア・クロイツェル

テアの母。第3巻に登場。

1日として同じところに居ない性格で、週一で送っている手紙の返信が全く届かず、返送され続けるほど。作中でも多くの人から慕われているのだが、なかなか行方が掴めない。


知名もえか

一足早く横須賀の海洋学校に来ていたので、ミーナとテアがマリアを探している途中で出会う。

ミーナがテアに食べさせている様子を見て、「外国の艦長と副長はあのくらい当然なのかな?」と心の中で呟いた。


登場艦船

ハイスクール・フリートの登場艦艇一覧を参照


関連タグ

ハイスクール・フリート はいふり

スピンオフ

ヴィルヘルミーナ テア・クロイツェル

関連記事

親記事

ハイスクール・フリート はいすくーるふりーと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14330

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました