ピクシブ百科事典

ヴルスト

うるすと

「ヴルスト」(wurst)とは、ドイツにおけるソーセージのスタイル。
目次[非表示]

概要

ドイツでは諺にも登場するほどの国民食のひとつ。主にビールつまみとして食べられている。皮なしのタイプも広く出回っている。

カリーヴルスト (Currywurst)
香ばしく焼いたソーセージを一口サイズに切り分け、カレー粉トマトケチャップで和えたベルリン名物。ソースを味わうためにポテトやパンといった付け合せも選べる所が多い。小さいながらも博物館が出来るほどメジャーな、ドイツを代表するB級グルメ。登場したのは戦後で、発祥については諸説あるが、ベルリン説が優勢らしい。
参考リンク - YOUNG GERMANY / GOTRIP! / トラベルWatch etc...

ヴァイスヴルスト (Weisswurst)
ミュンヘンをはじめとするバイエルン州(ドイツ南部)で見られる、仔牛を使った白いソーセージ。傷むのが早く、日持ちしなかった頃からの伝統で、午前中または昼に食される。茹でると皮が破れるおそれがあるため、沸かした湯に入れて温める。皮から中身を取り出して食べるのが現在では一般的だが、端を切り落として直接吸い出すワイルドな食べ方も伝わっている。定番のお供はプレッツェル白ビール

リンツヴルスト (Rindswurst)
フランクフルトで見られる、牛肉(rind)を使った赤みのあるソーセージ。

関連タグ

ソーセージ ウィンナー チョリソー サラミ

外部リンク

ヴァイスヴルスト - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴルスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10200

コメント