ピクシブ百科事典

不動行光

ふどうゆきみつ

藤三郎行光作の短刀。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 藤三郎行光の打った短刀この項目で記述する。
  2. 1の刀剣を元ネタとした、ブラウザゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」に登場する刀剣男士。→不動行光(刀剣乱舞)


概要

鎌倉時代刀工、藤三郎行光作の短刀
櫃の内に梵字蓮花不動童子の彫物。なかごに「行光」の二字銘。

由来としては、表の櫃の中に不動明王とその眷属である矜羯羅(こんがら)、制多迦(せいたか)の両童子を浮彫にしているところから名付けられたもの。
矜羯羅童子と制多迦童子は不動明王の従者「八大童子」に含まれるが、不動明王とこの2体を両脇に従えた三尊をとくに「不動三尊」と呼び意匠として使われることが多い。

織田信長が所有し、これを非常に自慢していた。
酒に酔って気分が良くなると、膝を叩きながら、「不動行光、つくも髪、人には五郎左御座候」とよく歌ったという。
(つくも髪:名物茶器の「九十九髪茄子」茶入、五郎左:丹羽長秀(五郎左衛門尉))
(もとは東山御物である名物「九十九髪茄子」が松永弾正から献上されたのは永禄11年(1568年)であるため、この歌はその頃の話となる)

信長は、小姓の中でもとくに才能を愛した小姓頭森蘭丸にこの不動行光を与えている。
その後、蘭丸は本能寺の変で信長に殉じたため、本刀も焼身となった。

現存、個人蔵。

関連タグ

日本刀 短刀

外部リンク

不動行光 - 名刀幻想辞典
不動行光 - 日本刀買取専門店・つるぎの屋

pixivに投稿された作品 pixivで「不動行光」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18088605

コメント