ピクシブ百科事典

二階堂(プリキュア)

にかいどう

二階堂とは、『ドキドキ!プリキュア』の登場人物。(メイン画像左の人物)
目次[非表示]

CV:佐藤拓也

概要

ドキドキ!プリキュアに登場する男子中学生。
下の名前は設定されていなかったが、放映終了後、脚本の山口亮太Twitter上で質問を受けた際に「声優の名前を取って拓也にしようか」という趣旨の発言をしている。

本作のプリキュアである相田マナ菱川六花剣崎真琴のクラスメイト。
第1話から登場しており、以後は大貝第一中学校が舞台となる話でよく登場する。

ワルぶっているところがあり、第1話ではクローバータワーの見学に来ていた他校の生徒とメンチを切り合っていたり、他の話では校内でも同様のケンカをしていた。
長い行列で真面目に並ぼうとしなかったり、文化祭での仕事時にだるそうにしていたりするなど、不真面目な一面がある。
同級生である百田(声:桜井翼)を横に従わせている。

ただし、32話では文化祭で暴れるジコチューを追い払おうとしたあたり、根っからのワルというわけでもないようだ。

マナとの関係

前述した彼のケンカや横入りはマナによって制止されている。
マナに対してはワルぶっていてもやり込められることが多く、どうにも相性の悪い相手ようだ。

「頼まれたら断れない」というマナの生徒会長としてのあり方に対して度々否定的な態度を見せており、大貝第一中学の多くの生徒がマナを「便利な人」として都合良く頼りにしているのとは対称的である。
また、マナとは小学校が一緒でクラスも同じだったこともあり、マナの成長過程を間近で見てきた人物の1人である。マナの人助けへの批判的な見方は、彼女を心配する心の裏返しなのかも知れない。
モブキャラクターの中では八嶋と百田も同様にマナとは小学校時代からの知人となる。

32話でキュアハートを目撃した時から、キュアハートがマナに似ているとは思っていたらしい
そして48話でキュアハート自らマナだと名乗った時は、真っ先に声援を送った
「マナー!がんばれー!俺がついてるぞー!」
最終回では、マナが負けたら世界は終わりと、逃げずにマナの戦いを見守る気概を見せる。
ただし、平和になった後の学校生活でもワルぶってるところは変わってないようだった

劇場版

劇場版作品である「マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス」にも登場。
いつものようにマナに対して軽い皮肉を言っていると、真琴から「何でいつもマナに意地悪な態度をとるのか」と本気で説教されてタジタジになる。
その上六花から「男の子は好きな子には意地悪したくなるものだからそっとしておいてあげて」と真琴を説得され、赤面しながら言い訳をしていた。
二階堂の真意がどうなのかは不明なままだったが、マナは六花の言葉が自分のことを言われていたことに気付けなかった様子で「他人の色恋沙汰には割と興味あるみたいなのに、自分のことになると鈍くなる」と六花から溜息をつかれた。

中の人について

担当声優の佐藤拓也は『ハートキャッチプリキュア!』に執事役で出演していた。
4代後の『キラキラ☆プリキュアアラモード』でも当該作の青キュアの保護者的存在の役で出演している。

関連タグ

ドキドキ!プリキュア
大貝第一中学校
相田マナ

pixivに投稿された作品 pixivで「二階堂(プリキュア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64732

コメント