ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

仮面ライダースマナイ

かめんらいだーすまない

「ヤスエダ-YASUEDA」氏がYouTubeにて公開中のマインクラフトアニメ「仮面ライダーマイゼン」に登場する仮面ライダー。
目次 [非表示]

変身者

すまない先生


概要編集

「ヤスエダ-YASUEDA」氏がYouTubeにて公開中のマインクラフトアニメ「仮面ライダーマイゼン」に登場する仮面ライダー。第6話から登場。

本作における2号ライダーポジションであり、すまない先生がスマナイドライバーを使用して変身。モブカードを装填することでフォームチェンジを行う。


外見編集

ベースカラーは青。

フォームチェンジに応じて各部の黒い部分に装甲が装着され、複眼の色が変化する。


アイテム・マシン編集

変身ベルト。


変身に使用するカード。

Mr.ブラックが開発した、すまないスクール 3年B組の生徒のモブカードを使用する。

フォームチェンジの際にはそれぞれの生徒を模した追加アーマーがスマナイの右側に展開され、人型のホログラムが頭を下げることで射出・装着される。

プロセスの元ネタは仮面ライダーギーツ


  • スマナイザー

スマナイの専用バイク。

スマナイのアイテム一式と共にMr.ブラックから授けられたもので、すまない先生が移動手段として使う。


  • カード化銃

SEASON2で登場。

ネオピグマの幹部が持っていた光線銃で、他人を撃つとその相手をモブカードに変化させることができる。逆にモブカードを撃てば元の状態に解放される。

第4話でキメラバグマンと戦っていた最中にミカゲが奪い取ったが、その後すまない先生に譲渡された模様。

Mr.ブラックはSEASON1でミカゲのバイクに同様のシステムを搭載していたが、これはSEASON2の2話で破壊されている。


フォーム編集

  • ソタイフォーム

基本形態。

固有武器として剣型の「スマナイトソード」を持ち、戦闘ではスマナイトソードを駆使した剣術で戦う。

マイゼンの初期形態と同名だが、彼らポジションであるあちらと違い、明確に戦闘時の基本形態として扱われており、すまない先生自身の高い戦闘能力も相まって、この時点でバグマンやマイゼン・マイッキーフォームと対等に渡り合える戦闘能力を有している

これは、フォームチェンジ用のモブカードが生徒をカード化したものであるという事情によると思われる(生徒を悪の組織との戦いに動員する形になるため、ソタイフォームの状態でも戦えた方が望ましい)。

ただしこの状態ではスマナイブレイクを発動できないため、必殺技はない。


  • ミスターバナナフォーム

『ミスター!』

『バナナ!』

ミスターバナナカードを装填して変身する派生形態。

ミサイルランチャー型の武器「バナランチャー」を駆使した砲撃を得意とし、発射されるミサイルはバナナを象っている。凄まじい連射力も兼ね備えており、初登場の第6話ではクモバグマンが放つクモの巣の連射攻撃を全弾相殺している。ただ、精度はあまり良くないのか第9話ではブレイズバグマンに全弾かわされていた。同じ射撃フォームとして、マイゼンのガーディアンフォームがあるが、手数はミスターバナナフォーム、精度はガーディアンフォームに分がある様子。


必殺技はバナランチャーから皮が剥けたバナナを象ったミサイルを発射する「バナナミサイル」


  • ミスターアカチャンフォーム

『ミスター!』

『アカチャン!』

ミスターアカチャンカードを装填して変身する派生形態。

両腕にアカチャンベアクローを装備し、左側のクローに付いているパワーミルクを飲むことでマイゼン・アイアンゴーレムフォームに匹敵する超パワーを一定時間の間だけ得ることができる。この状態になると両腕のクロ―で攻撃できるようになる他、赤ん坊の泣き声をイメージした衝撃波を放つことも可能。

第9話ではマイゼン クリーパーフォームの自爆でやっとダメージを与えるほど強固なアイアンゴーレムバグマンに対して肉弾戦のみで勝利していた。

必殺技は、右腕のクローを巨大化させて敵に投げつける「カラミティアカチャン」。


  • ミスターギンサンフォーム

『ミスター!』

『ギンサン!』

ミスター銀さんカードを装填して変身する派生形態。

スマナイのフォームでは唯一非戦闘用であり、ギンサントンカチで壊れた建物の修復、建物の建設がメインとなるフォーム

全く戦えないわけではなく、戦闘においてはスマートな動きで攻撃をかわしつつトンカチで攻撃し、隙をついて牢獄をクラフトして敵を閉じ込める。


必殺技はスマナイブレイクによる出力アップで一瞬にして巨大建造物をクラフトする「ギンサンアーティテクチャー」

超襲撃社の攻撃とウォーデンフォームの暴走で壊滅した町を一晩で修復した。

ハイパーバトルビデオのシミュレーションではすまないスクールのレプリカを作り出し、これを蹴り倒して敵を殲滅している。



  • ミスターレッドブルーフォーム

『ミスター!』

『レッド&ブルー!』

ミスターレッドブルーカードを装填して変身する派生形態。

変身の際、左側から装着されるアーマーが右側にも出現、赤いアーマーと青いアーマーが半身ずつ装着される。

錠前型の盾「ミスターレッドロック」と、鍵型の剣「ミスターブルーキー」を固有武器として持つ。

これを使用しロックされたドアを開けることが出来る他、本体の能力として外見の変化が可能で、これによる変装・隠ぺいなど隠密行動に適したフォーム。


最大の特徴として、Mr.レッド、Mr.ブルーに分離して行動することが可能(この状態になるとドライバーのウインドウにそれぞれレッドとブルーの顔が表示される)。それぞれのオリジナルの性格が反映され、第10話ではレーザーの罠が現れた際、レッド側は仮病を使ってブルー側に解除をさせていた。


必殺技は地面にミスターレッドロックを設置し、それをミスターブルーキーで解錠することで周囲の敵の体をバラバラに分解・爆発させる「レドブルアンロック」

第10話で使用した際は地面において使用していたが、本来は両方とも投げつけて遠隔操作で使用する。

元ネタはダブルアクションゲーマーレベルXX


  • ミスターマネーフォーム

『ミスター!』

『マネー! ハーッ!』

ミスターマネーカードを装填して変身する派生形態で、スマナイの実質的な最強フォーム。

変身の際、アーマーが左側から装着されるのは変わらないが、他の派生形態に比べてアーマーが多く、マントを羽織っている。

札束型の爆弾「ミスターマネーマンエン」は無尽蔵に生成することが可能であり、これを用いた爆撃が主な攻撃手段となる他、手に持って打撃武器としても使える。

攻撃力はミスターアカチャンフォームに比肩し、アイアンゴーレムバグマンであっても一蹴できるほど。


スマナイのフォームでは唯一自力飛行が可能(ミスターギンサンフォームは必殺技発動中に浮遊するのみ)。


力の大本であるMr.マネーは眼鏡を外すことで一時的にパワーアップするが、こちらも同様に変身後にバイザーが展開し、一定時間強烈極まるブーストがかかる。

しかし、すまない先生の体力が尽きるとバイザーが元に戻り行動不能に陥ってしまうリスクがある。最終決戦ではエンダードラゴンフォームによる回復を受けて決着まで戦い抜いたが、変身解除直後のすまない先生は支えてもらわないと立てないほどボロボロになっていた。


必殺技は無数のミスターマネーマンエンを右足に纏って黄金のフットガードを生成、ライダーキックを叩き込む「オウゴンメガマネーキック」


  • ミスターブラックフォーム

ミスターブラックカードを装填して変身する番外形態。

SEASON2において3年B組の生徒を全てモブカード化されてネオピグマに拉致され、キメラバグマンを相手に窮地に陥ったスマナイを救うべく現れたMr.ブラックが、ネオピグマの幹部が使ったカード化銃の光線を受けてカード化、それを使って変身した。


Mr.ブラックの超IQとクリエイティブ能力をそのまま受け継いでおり、背中から取り出したノートパソコン「ブラックマグネットPC」とエヴォーテクター型の大型ユニット「ブラックリングストーン」を操作して戦う。

ブラックリングストーンはマイゼン・ファントムフォームの「ファントムボード」と同じく空中飛行が可能であり、そのまま乗る他、スマナイザーに接続して飛ぶことも可能。マイゼンと違い、すまない先生が運動神経に優れているためかあっさり乗りこなしている。

またPCからの操作で遠隔操作してぶつける、敵を挟み込んで拘束するなど応用が利く他、スマナイブレイクを発動すると縦に連結して大型のビームキャノンになる。


必殺技はキャノン形態になったブラックリングストーンをフルパワーで発砲する「ブラック超電磁キャノン」。


総じて直接戦闘力よりも能力を生かしたサポートに向いており、未曽有の強敵であったキメラバグマンの撃破に大きく貢献した。



活躍編集

  • 第6話

クモバグマンに追い詰められたマイゼンたちの下に駆け付け、変身。

最初はソタイフォームとなってヒナタの拘束を解き、逃がしてからスマナイトソードでクモバグマンを圧倒。マイゼンとマイッキー(マイッキーカード)を助けた後、天井に張り付いたクモバグマンに対抗すべく、ミスターバナナフォームへとフォームチェンジ。


バグマンが放つクモの巣連射に対し、スマナイはバナランチャーで応戦して巣を全弾相殺、逆にバナランチャーの砲撃を浴びせてクモバグマンを撃墜。最後は必殺技のバナナミサイルをお見舞いし、クモバグマンを撃破した。


  • 第7話

序盤、ぜんいち/マイゼンと手合わせする上でソタイフォームへと変身。

互角の勝負を繰り広げるが、自身のスマナイトソードとマイゼン・マイッキーフォームのマイッキーシールドで鍔迫り合いをする中でシールドを弾き飛ばし、マイゼンから一本取ってみせた。


その後、街に出没したウォーデンバグマンを止めるべく、ぜんいち/マイゼン・マイッキーフォームと共にミスターバナナフォームへと直接変身。

バナランチャーで攻撃を仕掛けるが、ウォーデンバグマンの巨体には傷一つつかず、逆にマイゼン共々バグマンに掴み捕えられて自身は建物に叩き付けられ、ソタイフォームの姿になってしまう。スマナイは負けじとバグマンによじ登り、スマナイトソードを突き刺すが、抵抗も敵わず引きずり降ろされる。


その後、マイゼン共々体勢を立て直して反撃を試みるも、鋭い聴覚を持つウォーデンバグマンに足音で気付かれ、超音波をくらって膝を付いてしまう。それでもスマナイは立ち上がり、ミスター赤ちゃんカードを使用してミスター赤ちゃんフォームへとフォームチェンジ。

哺乳瓶を飲んでパワーアップし、バグマンが投げた建物の残骸を受け止めて投げ返した後、マイゼンにアイアンゴーレムカードを渡して彼をアイアンゴーレムフォームへとチェンジさせる。


そして、お互い超パワーを得た2人はウォーデンバグマンが投げてくる建物の残骸を武器で弾き飛ばし、超音波でバグマンを怯ませた後、見事なコンビネーションで圧倒。最後は建物に叩き付け、マイゼンとの同時必殺技を放って撃破した。


_第8話

ウォーデンフォームとなり暴走していたマイゼンを止めるため変身。ウォーデンフォームの強大なパワーに阻まれるも、ミスター赤ちゃんフォームの怪力と超音波を駆使し何とか立ち向かう。その後シュウゲキトルーパーに変身したよろずやメンバーの協力もあり、マイゼンからドライバーを引き剥がすことに成功。ぜんいちとマイッキーをさんど達に任せ、ミスター銀さんフォームへと変身。破壊された都市を元に戻した。


_第9話

超襲撃社に捕らわれたヒナタを助けるため、マイゼン、ミカゲと共闘。ミスター赤ちゃんフォームの超パワーでアイアンゴーレムバグマンを撃破。その後ブレイズバグマンの火球を受け、ミスターバナナフォームで応戦。バナランチャーのミサイルを全て避けられてしまうが、マイゼン ガーディアンフォームの助けでブレイズバグマンを地面に落とし、バナナミサイルで撃破した。その後全バグマンを撃破した3人は、バイクに乗りクリーパーバグマンの空爆を避けながら超襲撃社本部へと向かった。


関連タグ編集

仮面ライダーマイゼン すまない先生(仮面ライダーマイゼン)

関連記事

親記事

すまない先生(仮面ライダーマイゼン) かめんらいだーまいぜんのすまないせんせい

子記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました