2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

情報


概要

仮面ライダーBLACK』のオープニングテーマ。

OP映像ではまず格納庫が映し出され、乾いた足音とシルエット姿の仮面ライダーブラックが現れる。やがて始まるイントロのメロディーと同時にバトルホッパーに跨り、駆動するエンジンと共に曲が始まるという、斬新かつ熱くなる演出がなされている。

『BLACK』は原点回帰を意識した作品である為、この歌も「レッツゴー!!ライダーキック」の初期のバージョンをオマージュして作品の主演である倉田氏が歌唱している。
……のだが、はっきり言って倉田氏がきちんと音程を取れておらず、その事をしばしばネタにされてしまっている。
もっとも、これは作曲した宇崎氏はプロが歌うことを想定して製作した為、かなり歌いにくい曲になってしまったというのも大きな要因であり、決して倉田氏の歌唱力だけが原因ではない。
また、「レッツゴー!!ライダーキック」の藤岡弘、氏が歌ったバージョンもあまり上手いとは言えないものになっていた為、偶然ではあるもののオマージュ元に似た形にもなっている。
ちなみにカバーバージョンも複数存在するが、そちらは基本的にプロが歌っているので(歌い方も寄せたりしていない限りは)シンプルに上手い。

また、『BLACK』本編ではこの曲をベースにした劇伴が存在し(曲名は「ヒーロー登場」)、こちらは戦闘のみならず次回予告にも使用されている。

仮面ライダーBLACKSUN』の最終話では、映像も含めた原点の『BLACK』のOPをオマージュとしてこの楽曲が使用されている。

バリエーション

この歌には複数のバリエーションが存在し、フルサイズが3種、TVサイズが2種の合計5種類がある。
それぞれに細かな差異があるが、どれも聞き比べてようやく分かる程度の違いである為、CDなどではOPに使われていない方を収録されてしまう事も少なくない。
もっとも分かりすい差異はサビの「BLACK!」のシャウト部分。

1.本編のOPや挿入歌として主に使用されたバージョン。フルサイズとTVサイズが作られた。「BLACK!!」のシャウトは女性コーラスのみ。

2.シングルEPやシングルCDに収録されたバージョン。フルサイズとTVサイズが作られたが、どちらも本編では使われていない。「BLACK!!」のシャウトは倉田氏に女性コーラスが重なる形で、女性コーラス側には強めのエコーがかけられている。また、イントロのメロディが異なる。

3.第16話「友よ!海を越えて」で使用されたバージョン。TVサイズはなく、フルサイズのみが作られた。「BLACK!!」のシャウトは倉田氏のみで女性コーラスがない(或いはほぼ聞こえない)。また、倉田氏の歌が最も音程が外れているというのが大きな特徴。

なお、前述の「ヒーロー登場」も2種類のバリエーションがあり、1つは次回予告にも使用されているバージョンと、もう一つは「テケテケテケテン!」というフレーズが強調されているバージョンがある(こちらは「仮面ライダーBLACK 音楽集」に収録されている)。

関連項目

仮面ライダーBLACK
×上手い×下手〇てつを:この曲を歌った倉田てつを氏の歌唱力を評して生まれた言葉。

宮野真守:カバー経験があるが、歌い方がうるさくなっているのが特徴。
D4DJ:こちらの楽曲を収録したリズムゲーム。2020年11月29日に唐突なトレンド入りをした原因でもある。丁度、仮面ライダーセイバーの放送日だったこともあり……。カバーは「PeakyP-key」が担当。

関連記事

親記事

仮面ライダーBLACK かめんらいだーぶらっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4155

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました