ピクシブ百科事典

目次[非表示]

君は見たか概要が真っ赤に燃えるのを

仮面ライダーBLACKのopに抜擢されたのは我らが倉田てつをといってもオーディションを勝ち抜いて選ばれたいわばまだ素人の彼は毎日のように歌唱練習をしていたらしいが…
上記のように緊張もあってか上手く歌うことが出来なかった。
本人も後のインタビューで「自分は歌が下手な方」だと言っていたり、俺の青春(BLACKの劇場版ed)の収録時はMV風に撮っていたせいか冷や汗が止まらなかったという。

しかし…

その歌声の中で熱い闘志が伝わったのか視聴者には下手ながらも力強い歌声が好かれ「上手くはないけど下手ではなく何か胸に響く」という感じで「×上手い×下手〇てつを」が生まれたと言われる
こらそこ、ズコーとか言わない。

まさかの

当時の状況を知っている人はわかるが当時は本家レコードは入手が難しく子供たちはホームセンター等で売られてるパチソンを買ってそれで我慢するしか無かった。
一応プロ歌手が歌っている場合もあるため上手ではあり、それを逆に楽しむ人がいた。(その逆も然り)

しかしこの人の場合は違った。
ニコニコなどで見るとわかるが、確かに歌はパチソンの方がうまい、しかしなにか違和感を覚える人が大勢いたという。
いくらプロ歌手とは言っても、てつをの熱い歌い方は真似出来なかったのである。
まさに不思議なことが起こったのである。
(むしろ本家の方が歌ってみた感があるのは言ってはいけない。)
ちなみに関根勤は自身のラジオでopが流れた際、「てつをさんはパワフルな歌声の持ち主だね」と賞賛してたらしい。

(彼の歌声を)信じるやつはジャスティス


歌手がてつを

俺の青春(BLACK劇場版ed)
黒い勇者(仮面ライダーBLACKRX)

何が言いたいかと言うと

上手というほど上手くなく
下手という程でもない
その微妙な中でも
努力することで気持ちは伝わる

…ということを我々に教えてくれたのかもしれない。

関連記事

親記事

倉田てつを くらたてつを

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「×上手い×下手〇てつを」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140

コメント