ピクシブ百科事典

保安官エヴァンスの嘘

ほあんかんえゔぁんすのうそ

「保安官エヴァンスの嘘」は、栗山ミヅキによる週刊少年サンデー連載の漫画作品である。
目次[非表示]

概要

本作は「週刊少年サンデー」2017年20号より連載開始。作者は栗山ミヅキ。
正式なタイトルは「保安官エヴァンスの嘘 DEAD OR LOVE」。

「モテたい」という願望しか頭にない保安官が、恋路のために悪戦苦闘しまくるギャグ漫画である。

ハードボイルド西部劇の世界観を丹念に描きながら、それとは真っ向反対の親近感溢れる駄目駄目なキャラクター達が俗っぽい願望の赴くままに右往左往するギャップが独特な空気感を演出しており、ある意味「怪作」と言って差し支えない内容である。

「週刊少年サンデー」2019年21・22合併号にて連載100話を達成。

物語の舞台は架空の西部であり、地名は日本の地名を英訳したモノが使われている。登場人物の名前には西部劇に携わった監督や俳優の名前が引用されている。

ストーリー

強き者が掟であった頃、西の荒野のどこかで…全ての犯罪者が最も恐れる保安官がいた。彼の名はエルモア・エヴァンス。
「モテたい」。その思いを幼少時から持ち、磨いた銃の腕前は超一流。だが彼は、未だに恋人いない歴イコール年齢。その事実はひた隠し、西部の荒くれ者たちと渡り合いながら、保安官エヴァンスは今日もカッコつける…

「愛?興味がないな」。最強ガンマンのウエスタン・コメディー!!(公式サイトより)

登場人物

  • エルモア・エヴァンス

全ての犯罪者が恐れる凄腕の保安官(シェリフ)
「ガンマンはイケてる。この世の真理だ…」と言う父親の言葉を信じ、モテたい一心で少年の頃から努力を続け、名の知れたガンマンとなったエヴァンスだが、彼は未だに恋人いない歴=年齢だった…。
実は作中ではそこそこモテてはいるのだが、女性の前でカッコつけすぎるため、空回りし続けてしまう。

「西部一のガンマン」の異名に相応しい早撃ち(クイックドロウ)は、リボルバーによる連射で悪党六人の銃を瞬時に弾き飛ばすという、超人の域に達している。更には馬術やロープ(捕縛)術においても超一流と、その実力は確か……なのだが、「モテたい」という行動原理のためだけに「いのちをだいじに」の封印プレイを自らに課しているかのような生き様を見せる。

知名度が高く、街の人にも信頼されているため、女性のファンも存在する。また作中では依頼などを通して、エヴァンスを気に入る女性も出てくるが、タイミングが合わずに出会いをフイにする事が多い。モテる実力も資格も十分あるのに、肝心なところで何時もチャンスを駄目にしてしまう悲しいナイスガイである。そのため、モテる男を見るとひがみ根性がむき出しになることも・・・。

本質的には純朴かつ善良な青年であり、時折こぼす本音や下心抜きでとった行動の方がカッコいいことも多い

  • エヴァンスの父
フルネームは「カーク・エヴァンス
エヴァンスの回想の中に度々登場する。ダンディズム溢れる外見で、かなりモテていたようである(?)。
エヴァンスに数々のモテる秘訣を伝授し、(かなり主観の入った)カッコイイ男の生き様をたたき込んだ。その言動は(ある意味)真理を突いているが、聞き様によってはかなりゲスい。加えて『母さんの用意していた夕食を「いらん」と言った時、怖かったんだぞ』など、人間としての器にも若干疑問符が付く。ある意味エヴァンスの人生を狂わせた存在だが、エヴァンスからは人生の師として尊敬されている。

エヴァンスが独り立ちする直前に放浪の旅に出ており(妻、つまりエヴァンスの母の現状は不明)、『名無しのカーク』という、名乗りたいのか名乗りたくないのか訳のわからない異名を方々に轟かせている。
ちなみに旅の理由は「放浪のガンマンがカッコいいから」というアホくさいもので、旅の途中で年甲斐もなく若い女性に声をかけている。だが、その“ついで”に様々な難事件を解決してきており、『決闘500戦無敗』といった凄まじいまでの逸話が賞金稼ぎ達の間に広まる程。

無双出来る実力を伴ったアホ』という、ある意味もっとも厄介な部類の人間。

……でも、ある意味“西部の平和”に誰よりも貢献してるんだよなぁ、このオッサン……。

  • テッド・ホール
保安官助手。西部最強の保安官であるエヴァンスに憧れる。まだまだ未熟な面が多く、足を引っ張る事もしばしば。

ただ、異様に推理力が高く、何の手がかりもない状態で落とし物がオークレイのものだと見抜いたり、果ては金庫の暗証番号すら解いてしまうほど。

  • フィービー・オークレイ
女賞金稼ぎ(バウンティハンター)。射撃の腕前は超一流で天才少女として名を馳せていたが、かつて大会でエヴァンスに敗北し、以来何かとエヴァンスに張り合い、つきまとう。
しかし彼女は恋愛経験の無い『モンスター生娘』のため、その感情がライバル心によるものか、恋心によるものか、ファン心理なのかが自分でもイマイチわかっていない模様

ガンナーとしての実力は、エヴァンスには一歩劣るもののやはり「超一流」レベルで、相当数の賞金首を生け捕りにしてきている。……が、やや自信過剰で調子に乗りやすい所があり、「ガンガンいこうぜ」に固定しっぱなしな場面もしばしば。

根っこの部分では正義感と義侠心に溢れた心優しい女性であり、彼女に信頼を置く同性の友人も多い。

関連タグ

西部劇
マカロニウエスタン

関連リンク

WEBサンデー|保安官エヴァンスの嘘 DEAD OR LOVE ■栗山ミヅキ

関連記事

親記事

少年サンデー しょうねんさんでー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「保安官エヴァンスの嘘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42286

コメント