ピクシブ百科事典

ガンバリスト駿

がんばりすとしゅん

「ガンバリスト! 駿」とは、体操を題材としたテレビアニメ。ここでは原作作品である「ガンバ! Fly high」についても述べる。
目次[非表示]

概要

週刊少年サンデー(小学館)にて、1994年25号から2000年45号に掛けて、「ガンバ! Fly high」というタイトルで連載された。原作:森末慎二、作画:菊田洋之。全34巻+外伝1巻。
サンライズの手によって、「ガンバリスト!駿」のタイトルでテレビアニメ化されており、1996年7月1日から1997年3月10日にかけて読売テレビをキー局に日本テレビ系列局(ただし四国放送高知放送除く)ほかにて放送された。全30話。

ロクに逆上がりも出来なかった藤巻駿が、練習・研鑽を重ね、一流の体操選手にのし上がるまでを描いた。

作品の背景

この作品の連載開始当時の日本の体操界は完全に低迷しており、その影響で競技人口まで減る有様であった。この事態を憂いた森末が「体操を題材とした漫画があれば」と考えるようになり、企画を立てた。その事で欽ちゃんに相談したところ、欽ちゃんの懇意のライターを通じて小学館の雑誌での連載が決まった。

作画を担当する事になった菊田は、確かにスポーツ漫画を書いた事はあったが、自分が経験した事のある少林寺拳法が題材であり、流石に体操は素人だった。そこで森末の協力で何度も体操の練習を見学し、研究に研究を重ねた上で、この作品を生み出したのだった。
なお、菊田は後に、「週刊少年サンデーS」において、やはり体操を題材とした「THE SHOWMAN」を執筆している。

森末はこの作品に関し、「この作品に影響を受けた子供からメダリストが現れてくれたらな」と思っていたそうだが、実際そう言う人物が現れてしまった。

登場人物

平成学園

藤巻駿(CV:阪口大助
相楽まり子(CV:松本梨香
折笠麗子(CV:櫻井智
内田稔(CV:佐々木望
真田俊彦(CV:三木眞一郎
東伝次(CV:宇垣秀成
新堂雄一(CV:松本大
上野良夫(CV:伊倉一恵
高原万由美
荒川錠
氏家学
影山

日本代表候補

堀田辰也
嵯峨康則(CV:菅原淳一
斉藤栄(CV:柴本浩行
簑山大作
須童忠信
杉原寛斗
小早川健一
嘉村巌
綾部弥生

日本国外の有力選手

王景陽
楊修平
楼秀山
ドミトリー・チェレンコフ
イゴーリ・チェレンコフ
アレクサンドル・グレンコ
ジャック・リブキン

その他

山倉信
田中好章
岬絵莉(CV:本多知恵子
田所のお婆ちゃん(CV:堀絢子
田所誠治
セルゲイ・アンドレアノフ(CV:村山明
陳清華
大沼重昭(CV:辻親八
李東生(CV:銀河万丈
外山
剣物永造
古屋達造
上総英賢
山田三郎
徳丸大三郎
新林卓
藤巻あかね
水谷菜穂
檜雪乃

メディア関係者

貝塚善行(CV:西凛太朗
キャシー飛鳥

主題歌

オープニング

「キラキラ キセキ」(1~30話)
作詞 - SHINYA(坂内真也) / 作曲 - REDIEAN;MODE / 編曲 - REDIEAN;MODE、鎌田ジョージ / 歌 - REDIEAN;MODE

エンディング

「天使のラブソング」(1~21話)
作詞 - NOKKO / 作曲・編曲 - 岩崎工、NOKKO、GOH HOTODA、岸利至 / 歌 - NOKKO
「ミラクル」(22~30話)
作詞・作曲 / ゆうたろう(羽原裕太郎) / 歌 - プロペラ

蛇足

原作ではシドニーオリンピックまで描かれたものの、アニメは放送期間の事情からか、藤巻駿の中学1年生の時点しか描かれなかった。前番組「バケツでごはん」が半年で終わるハメになったが故のピンチヒッターだったからという事情もあろうが・・・・・。
そして、本作の後釜となったのが、かのテレビアニメ版「金田一少年の事件簿」だったりする。

原作でのシドニーオリンピックの展開は、後にアテネオリンピックでの大どんでん返しで“再現”された。事実はフィクションよりも奇なり。

関連タグ

空のキャンバス:本作同様体操競技を取り上げた作品だが・・・・・・・

外部リンク

コミック公式サイト
サンライズ公式サイト内作品情報ページ

関連記事

親記事

少年サンデー しょうねんさんでー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンバリスト駿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40516

コメント