ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

凪潔

なぎいさ

凪潔とはブルーロックにでてくるキャラクター、凪誠士郎×潔世一の非公式BLカップリングである。
目次 [非表示]

概要

漫画『ブルーロック』の凪誠士郎×潔世一の非公式BLカップリング


本編での主な絡み

一次選考

二人の初対面は一次選考の最終試合前。サッカー歴わずか半年の天才であった凪は「弱い奴ってめんどくさいね」と、本人にはそのつもりは無いが潔達を見下したような態度を取り、サッカーにも情熱を注いでいない様子。

試合中に覚醒した潔によって凪は負けるが、初めて負けた悔しさからサッカーを面白いと思うようになる。


二次選考

三人一組を作る場面で、潔よりも先に1stステージをクリアしていた凪は、先へ進まずに玲王と待っていた。凪は潔を自身のチームに誘うが、蜂楽とチームを作りたい潔は断る。ここで終わりかと思いきや、「そっか…わかった…じゃあ俺が潔のチームに入る」と、玲王と世界一にになるための強さを手に入れようとして一時的に潔と組むことを選択する。


その後の凛達との3on3で圧倒的な実力差を見せつけられ、潔達は敗北し、蜂楽を取られたため2on2の部屋に後退。

弱気になる潔に対して凪は前髪を掴み上げ口論が始まるも、気を持ち直した潔と凪は気持ち新たに次の試合へ。



2on2では馬狼チームと戦うことに。二人チームのため、必然的に互いを意識している(細かい点はコミックス7巻)。指示が無かったにもかかわらず、凪は潔に合わせ「視てるよ 潔世一(ストライカー)」と言ってボールを出した。

馬狼チームに勝利し、馬狼を仲間に引き入れ3on3へ。


3on3では玲王のチームと対戦。自己中心的なプレーをする馬狼を置いて、凪は潔に二人で勝とうと言うが潔はあまり乗り気ではなかった。その後、馬狼を喰らうために潔は「凪 俺ら二人で勝ちにいくぞ」「ちゃんと俺を見てろ」と凪に言う。

言われた通りに凪は潔を見ていたため、唯一潔の存在に気付きパスを出し、「ちゃんと見てたよ」と言った。相手チームには潔がフィールドを支配していると思われていた。



3on3に勝利し、凛とのチームと4on4で再戦をする。試合序盤、凪は「(ボールを)フワッと頂戴」と潔に言い、潔も「知ってるよ そこだろ」と返している。凪が潔のパスを貰いゴールを決めた時は、やっぱ潔となら…俺はどこまでも強くなれると感じていた。その後も凪は潔には積極的に話し掛けたり、潔が凛から点を取った時は潔の頭を撫でたりしていた。

結果は潔達が敗北し、潔が引き抜かれることに。

凪は「次逢う時は潰すよ 潔」と、言う。



三次選考

ここでは適性試験説明前に再会。以降は暫く絡みナシ。



U-20日本代表戦

ここでは共に11人に選ばれる。

凪がブルーロック最初の一点を決めた際には潔は凪に飛びついている。

後半戦、凪は潔なら感じ取るという場所にボールを出したり、潔の作り出した局面で潔に「YES BOSS」と言ったりしていた。


表記について

なぎいさ

凪、潔ともに漢字一文字で名字なため、Twitter等では凪潔ではなく上記のひらがなやngis等で発言した方が検索避けになると思われる。


関連タグ

腐向け ブルーロック

関連記事

親記事

腐ルーロック ふるーろっく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46752270

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました