ピクシブ百科事典

剛健太郎

ごうけんたろう

剛健太郎とは、『超電磁マシーンボルテスⅤ』に登場するキャラクター。

CV:二瓶秀雄/水島裕(青年期)

人物

ボアザン星人の侵略を予見し、ボルテスVとビッグファルコンを建造した科学者。
地球人ではなくボアザン星人であり、星人としての名前はラ・ゴール。ボアザン皇帝の弟レ・オーラルの息子で、生まれつきボアザン貴族の象徴である頭の角がなくレ・オーレルに殺されそうになるが、母たちの決死の嘆願により偽の角をつけられ育てられた。王位継承権は第3位。
こういった経緯から角の有無で貴族と奴隷に区別されるボアザン星の在り方に疑問を抱いており、大人になってからはその才能を生かして科学大臣となり、政治にも影響力を持つようになる。このころにロザリアというボアザン星人と結婚し、角がないという秘密を受け入れてくれた彼女とともに平等な世界を作ろうと誓っていた。このときに彼女との間に長男ハイネルを授かっていた。
皇帝の没後は二人の皇太子が病気や事故によってそれぞれ命を落としたことで、次期皇帝になるかと思われていた。
しかし彼を羨んでいた皇帝の妾の子であるズ・ザンバジルによって角がないという秘密を暴露され、奴隷層に落とされ、ハイネルを身ごもっていたロザリアとも引き離されてしまう。

奴隷層に落とされてから、かねてからの疑問は是正すべき現実と確信。さらに地方に追放されたロザリアがハイネルを産み落として難産がたたって死んだという事実を知らされ、彼女に花一つ手向けられなかった怒りを胸に反乱を起こすも失敗。同士の手によって地球へと逃れ、そこで地球人剛光代と結婚し、健一大次郎日吉を授かった。
ボルテスVとビッグファルコン建造後、ズ・ザンバジルに見つかりそうになり「ボアザン星に戻らなければ地球を攻撃する」と脅迫されたため地球とボアザンの仲間を救うため地球を去ることになった。

ズ・ザンバジルの命で処刑されそうになりながらも、彼の行動に共鳴したダンゲ将軍らに救われて、彼らと共に労奴解放運動を起こす。 同時にボルテスの苦境を知って超電磁加重砲やボルテスの改造指示書を届けるなど、地球への支援も忘れなかった。

その後は帝国にとらわれていたものの、地球の三人の息子たちに救われ再会を果たす。彼らがボアザン帝政を打ち倒し、貴族制度が崩壊したことを見届けると、ボアザン星復興のためにボアザン星に残ることとなった。

関連項目

超電磁マシーンボルテスV

関連記事

親記事

超電磁マシーンボルテスV ちょうでんじましーんぼるてすふぁいぶ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「剛健太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5

コメント