ピクシブ百科事典

ボアザン星人

ぼあざんせいじん

ボアザン星人とは、超電磁マシーンボルテスVに登場する宇宙人。
目次[非表示]

概要

超電磁マシーンボルテスV』に登場する地球外知的生命体。
黄金城に君臨する皇帝ズ・ザンバジルをトップとした帝政国家であり、角の有無によって貴族と労奴に分けられ区別される、極端な差別の文化を持つ貴族優位主義社会を形成している。
「角のない異星人は労奴にも劣る下等生物であり、ボアザン貴族の支配下に置くべきである」という大義名分を掲げて宇宙の各地に侵略の魔の手を伸ばしており、地球人も「それなりの科学力を持つ哺乳類」「犬や猫と同レベル」とみなしている。それゆえド・ズールが地球人には愛情があると報告した際には一笑に付している。
地球征服軍戦力として戦闘指揮艦スカールーク獣士や鎧獣士を、ボアザン星防衛の戦力として巨大人工衛星ソドムとゴモラ、宇宙戦闘艦ザルダン、そして守護神ゴードルを所有する。

一見盤石に見える貴族優位主義社会だが、実際には他の惑星への侵略を良しとしない和平派や貴族による理不尽な差別に不満や憎悪を抱く労奴が少なからず存在し、大きな火種を抱えていた。
最終的にはボルテスチームがボアザン星に突入した際に、反攻の機会をうかがっていた労奴達がクーデターが勃発、逃げ惑うしか術のなかった貴族階級は全員拘束。
独り黄金城に残ったザンバジルは、支配者の誇りをかなぐり捨て又甥で元地球征服軍司令のハイネルに責任を擦り付けて見苦しく命乞いをした為、貴族の誇りを汚す醜態に憤ったハイネルに誅殺される。
その後ハイネルは黄金城の崩壊に巻き込まれて死亡。貴族制度は完全に崩壊した。

最終的に剛健太郎ことラ・ゴールが中心となって再建に着手している。

ボアザン星にはボアザネリア菌という風土病を引き起こす細菌があり、地球人には重病だが星人は生まれつき抗体を持っており、これが侵略軍側にとって剛三兄弟がボアザンの血を引くことの証明となった。

超電磁大戦ビクトリーファイブ』では地球、キャンベル星バーム星との和平条約が結ばれた。

なお、ボアザンとはフランス語で「隣人」という意味。

主要メンバー

本星

CV:大木民夫
第8話に登場したザンバジルの懐刀とされる査察官。
皇帝の権威を笠に、意にそぐわぬ者を次々と処刑していったという。表向き督戦の勅使として地球にやって来るが、皇帝の内意を受けハイネルを死地に追いやるのが真の目的である。
ハイネルを罵った上に、獣士ガルゴーに搭乗して直接ボルテスと戦うよう命令し、その上でガルゴーの弱点をボルテス側に密告して戦死を狙うが、計画を察したカザリーンによってガルゴーは改造されボルテスVを苦戦させる。
近場で高みの見物としゃれこんでいたが、搭乗していた円盤をボルテスに引きずり下ろされ、ガルゴーへの盾にされて爆死、母星には「名誉の戦死」として報告された。

  • グルル将軍
CV:塩見竜介 (スーパーロボット大戦では西村知道)
第35~39話登場。
皇帝の勅命を伝えるべく地球に飛来した。ラ・ゴールを捕獲した後、ハイネルを解任してベルガンと共に本星へ帰還。
ボルテスチームが母星に接近したため皇帝から戦闘要塞ザルダンと大艦隊を与えられてベルガンと共に出撃したが、ボアザン星上空での戦闘でザルタンもろとも爆死する。ザンジバルから「所詮グルルは使えぬ」と評されたように軍人としての能力は低い。

地球侵略軍

CV:増岡弘 (スーパーロボット大戦では徳丸完)
ハイネルの側近の一人で、短身痩躯の老人。角は額に1本。
兵器や要塞、獣士の製造を担当する科学者。ベルガンとは設定上従兄弟の関係。
実はザンバジルがハイネルを失脚させるために送り込んだスパイで、ハイネルは薄々感づいており、第22話で暗殺に失敗してハイネルに最後通告を突きつけられる。進退窮まったズールは、ボルテスチームに投降するふりをして地底城に彼らを招き、ハイネルと相討ちさせようと企むが、ハイネルは最初から裏切り者を赦すつもりはなかった上に計画も既に見抜かれていたため、逆に待ち構えていたハイネル達に処刑される。この時のハイネルの怒りは凄まじく、ド・ズールに関係するものは写真・遺品に至るまでことごとく処分された。


和平派

  • ラ・ゴール

CV:二瓶秀雄 (若き日は水島裕)
剛三兄弟の父・剛健太郎の本名。
ボアザン皇帝の弟の子であり、皇位継承者であったが角を持たずに生まれ、人工の角をつけられ貴族として育つも自身はボアザンの貴族制度に疑問を抱いていた。
やがて若くして科学大臣に登用され、妻となる科学者ロザリアと出会い結婚、秘密を知ってもそれを受け入れた妻とともに、平等な社会をつくるべく努力を始める。
しかし皇帝の死後、病弱な皇太子に代わって王位が回ってくるも、皇帝の妾腹の子であるズ・ザンバジル皇位を狙っていたザンバジルに角の秘密を暴露されたため労奴に堕とされ、ロザリアは無理やり離縁させられ地方に送られた先で身ごもった子を産んで死去。彼女の死をきっかけに反乱を起こすも失敗し、地球でボルテスVを建造した。
幾度となく本星に囚われては同志たちの協力の元、脱走を試みてボルテスパワーアップのためのデータをビッグファルコンに送っている。

  • ダンゲ将軍
CV:加藤正之(第18話)、勝田久(第26~28話)
ボアザン星の英雄で、「大将軍」と言われたほどの人物。
ラ・ゴールの志に共鳴して自ら角を切り落とし、貴族の地位を捨てる。その後、反皇帝派を率いて地下活動を行ない反攻の機会をうかがっていた。ボアザン星へ戻って潜伏中のラ・ゴールを庇い、帝国軍に捕まって処刑寸前の彼を助け、地球へと脱出させた人物である。
鎧獣士登場の当初、ラ・ゴールがかつて製作した鷹メカを操縦してボルテスの窮地を度々救ったが、第27話で仲間の一人ニナが産気づいたため、医者のいるビッグファルコンに送り届けようとした際に鎧獣士カガミキリに襲われ重傷を負う。そして第28話にてボルテスチームに剛博士の秘密やボアザンの全貌を語り、死亡した。
ネタバレ防止のためか、第28話までは剛博士の事は地球人名で対話していた。
  • ドイル将軍
CV:加藤精三
地球で剛博士と共にソーラーバードの開発に携わっていた労奴軍の指揮官。ダンゲ将軍同様に元貴族なのかは不明。
第37話でソーラーバードを操縦して地球の危機を救い、続く第38話ではソーラーバードとビッグファルコンを合体させ、ボアザン星まで一行を案内した。
第39話についに本星に到着。労奴達に帰還の知らせをしたことでついに労奴達の反乱が成功した。
  • ロザリア
CV:横沢啓子
ラ・ゴールの最初の妻。角がないことを知ってもなお夫を愛した。ザンバジルの謀略によってラ・ゴールが追放された際に離縁させられ、地方に送られてしまう。この時に身籠っていた子を難産の末に生むが、それが祟ってまもなく死去した。
ラ・ゴールから柄に白鳩の紋章が入った短剣を与えらており、この短剣が最終回で物語の鍵となる。

その他

  • 突撃兵士

ボアザン星の兵士。
側頭部に角を付けたフルフェイスの兜を被っているが素顔は不明。尻尾があることから星人とは違う種族と思われるが詳細も不明。
頭脳を獣士に移植されることもある。

  • ギルオン
CV:黒部鉄(現:屋良有作
第29話に登場した剣闘士。奴隷の両親の下に生まれたため、本人は角があっても差別される階級であり、剣闘士となる。自分が殺した相手でも戦った者への尊厳を忘れない武人。
鎧獣士に改造されて、ダンゲ将軍の捕獲を命令されるも、健一からダンゲの死を知らされた後も正々堂々とボルテスチームに挑むが敗北、健一が自分達もボアザンの血を引く者で争うことの愚かしさを説かれて撤退した。
当初の処分は敵前逃亡罪で鎧獣士の資格剥奪を言い渡されただけであったが、死者の尊厳を重んじる性格から死んだダンゲの遺体を持ち帰らなかったことについてハイネルに抗弁したため死刑宣告を受け、ダンゲの部下として戦いたいかったと死に際してダンゲを賛美しつつ、鎧獣士ザルザによって銃殺される。死後残骸はビッグファルコンへの当てつけでザルザにばらまかれた。
彼の処刑にはカザリーンやジャンギャルも思うところがあった模様。

保有兵器

侵略用の巨大サイボーグ兵器。
基本的に侵略する星の生物を巨大化・生体改造したもので、突撃兵士や剣闘士の頭脳を移植しており、突撃兵士にとってはこの獣士になる事はかなりの名誉であるらしい。
その為か、中には自分の意思を持ち、会話するなど高い知能を持った獣士も存在する。

  • 鎧獣士
獣士に代わる新兵器。
獣士と違い、機械部分が大幅に増えかなりメカっぽくなっている。
装甲材に超強化合金マキシンガルを使用しており、従来の獣士とは比較にならない防御力を誇り、戦闘力自体も向上している。投入当初はパワーアップ前のボルテスVの通常武器は愚か、作中では理論上防ぐ術がないはずの必殺技Vの字斬りすら通用しないなど、圧倒的な強さを見せ付けた。
マキシンガル合金は超電磁加重砲で劣化してしまうため、Vの字斬りの前に超電磁加重砲=超電磁ボールを放つ必要がある(第31話のダイアンドのみ戦闘中に装甲がはがされたため、従来のVの字斬りで倒された)

  • ボアザン円盤
斥候、輸送、戦闘の役目を持つボアザン軍の円盤。回転のこぎりのような形状でサイズはボルテスの2倍以上。
ズールによると、以前から調査や地底城建設用の奴隷確保のために地球送り込まれ、それを地球人がUFOを目撃したと騒いでいたとのこと。
ボルテスチームでなくても撃墜は可能で、岡長官たち防衛軍と度々攻防を繰り広げていた。

  • 地底城
孤島の地底にあるボアザン軍の地球前線基地。
見掛けは西洋の古城のようだが、緊急時には要塞モードに変形する。
グルルとベルガンによって兵士の大半を連れていかれた上に獣士製造工場などの設備が爆破されて進退窮まったため、カザリーンは塔にある脱出用宇宙船で強引にハイネルを脱出させた。

  • スカールーク
巨大な骸骨状の外見に西洋の城塞型の艦橋がついたボアザン軍の戦闘指揮艦。ワープ航行能力を持つ。
名前の由来は骸骨(スカール)と城(ルーク)。
主にジャンギャルが前線指揮に使用しているが、ハイネルらも第1話でこれで地球まで赴任しており、ド・ズールも口からドリルを展開してボルテスと戦ったことがある。
目の部分は搭載した獣士の出撃口となっている。
第37話においてベルガンが地底城から引き揚げる際に爆破されてしまう。

  • 戦闘要塞ザルダン
ボルテス撃墜のためにカノープス、リゲル、アルタイル方面軍と共にグルルがザンジバルから与えられた宇宙戦艦。グルルの指揮能力が低いため実質ベルガンが指揮を執った。
ラ・ゴールの通信で指令塔が弱点であることが発覚、超電磁ボールと天空剣に敗れ去った。


スーパーロボット大戦では

大体の作品で他の異星人組織と提携して地球に攻めてくることが多いが、ベガ星連合軍ゼ・バルマリィ帝国など、星間国家と同時参戦した場合は同盟という名の従属を強いられるケースが多い。
また、貴族制崩壊まで描かれたのは『第3次α』だけで(『R』では地底城陥落までしか再現されず4年後を描いたエピローグで地球と和議が結ばれたことが判明、『L』では本編終了後で一切登場しない)、大抵は地底城攻略までしか描かれない。

関連項目

超電磁マシーンボルテスV
百鬼帝国:角の生えた軍勢繋がり。地球人(と言っても鬼、一種のミュータントだが)の勢力だがスーパーロボット大戦Aでは共闘までしている。

関連記事

親記事

超電磁マシーンボルテスV ちょうでんじましーんぼるてすふぁいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボアザン星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100

コメント