ピクシブ百科事典

ボアザン星人

ぼあざんせいじん

ボアザン星人とは、超電磁マシーンボルテスVに登場する宇宙人。
目次[非表示]

概要

超電磁マシーンボルテスV』に登場する宇宙人。頭部に悪魔を思わせる角が生えている人間に近い姿をしている。
皇帝ズ・ザンバジルをトップとした帝政国家であり、角の有無によって貴族労奴に分けられ区別されている、極端な差別の文化を持つ貴族優位主義な宇宙人である。
「角のない異星人は労奴にも劣る下等生物であり、ボアザン貴族の支配下に置くべきである」という大義名分を掲げて宇宙の各地に侵略の魔の手を伸ばしており、地球人「それなりの科学力を持つ哺乳類」「と同レベル」とみなしている。それゆえド・ズールが地球人には愛情があると報告した際には一笑に付している。
戦力として獣士や鎧獣士、巨大人工衛星ソドムとゴモラ、守護神ゴードルを所有する。

最終的にはボルテスチームがボアザン星に突入した際に、それまでの仕打ちに耐え兼ねた労奴がクーデターを起こし貴族階級は全員拘束。最終的に剛健太郎ことラ・ゴールが中心となって再建に着手している。

超電磁大戦ビクトリーファイブ』では地球、キャンベル星バーム星との和平条約が結ばれた。

主要メンバー



保有兵器

侵略用の巨大サイボーグ兵器
元々は生物を巨大化・生体改造したもので、突撃兵士の頭脳を移植しており、この獣士になる事はかなりの名誉であるらしい。
その為か、中には自分の意思を持ち、会話するなど高い知能を持った獣士も存在する。

  • 鎧獣士
獣士に代わる新兵器。
獣士と違い、機械部分が大幅に増えかなりメカっぽくなっている。
装甲材に超強化合金マキシンガルを使用しており、従来の獣士とは比較にならない防御力を誇り、戦闘力自体も向上している。投入当初はパワーアップ前のボルテスVの通常武器は愚か、必殺技Vの字斬りすら通用しないなど、圧倒的な強さを見せ付けた。

スパロボでは

大体の作品で他の異星人組織と提携して地球に攻めてくることが多いが、ベガ星連合軍ゼ・バルマリィ帝国など、星間国家と同時参戦した場合は同盟という名の従属を強いられるケースが多い。
また、貴族制崩壊まで描かれたのは『第3次α』だけで(『L』では本編終了後で一切登場しない)、大抵は地底城攻略までしか描かれない。

関連項目

超電磁マシーンボルテスV 
百鬼帝国:角の生えた軍勢繋がり。地球人(と言っても鬼、一種のミュータントだが)の勢力だがスーパーロボット大戦Aでは共闘までしている。

関連記事

親記事

超電磁マシーンボルテスV ちょうでんじましーんぼるてすふぁいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボアザン星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14

コメント