ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

超電磁マシーンボルテスV」第40話(最終話)「崩れゆく邪悪の塔!!」に登場した、ボアザン星の守護神。

ボアザン星に帰還したプリンス・ハイネルはあくまでも貴族の誇りを全うすべく「国を愛する者が守護神ゴードルの燃え盛る炎に身を投ずるならば、その時守護神ゴードルは国難を救う」という言い伝えに従い、ゴードル神像の右手で燃え盛る聖火に身を投じた。


次の瞬間ハイネルは操縦席に導かれ、神像は巨大ロボットとしての真の姿を現す。


武器は手持ちの剣と口から吐く炎。


ボアザン星に攻め込んで来たボルテスVと死闘を演じ、最期はお互いの身体に剣を突き立て相打ちとなった。


スーパーロボット大戦では

プリンス・ハイネルが登場する作品ではほぼ毎回ハイネルの乗機として登場。

作品によっては味方陣営にスポット参戦する事もある。


第三次αのエンディングでは、ボアザン星の黄金城跡地にボアザン星人とバーム星人の友好の証としてバーム星人の象徴であるを取り付けられ記念碑として保存されることが語られた。


余談


ゴードル神像から発せられるコンピュータの声を当てていたのは本作で総監督を務めていた長浜忠夫氏。


続編設定で作られた漫画作品超電磁大戦ビクトリーファイブゴッドバードに登場した時は左側の角が折れている。

前者は他の史跡に存在していた別個体でありハイネル自身が罪を背負う為に折ったという設定。

後者は妖魔大帝バラオの手によって復活したものだが角が折れている理由は不明。


鉄甲巨兵SOME-LINEの最終2話に登場する最終最強の地上げ獣カナカナの元ネタでもあり、こちらも会社倒産による暴徒と化した元社員に殺されたツク・リーンの義妹が由来である。


関連タグ

超電磁マシーンボルテスV ラスボス


類似関連メカ

デース・バンダー:「最強ロボダイオージャ」最終回にデスバンが操縦するラスボスメカ。ご存じダース・ベイダーをモチーフにしており、ボルテスと同様にダイオージャと相打ちになった。

地上げ獣カナカナ:鉄甲巨兵SOME-LINE最終2話に登場した最強の地上げ獣。此方もSOME-LINEと相打ちになった。

関連記事

親記事

ボアザン星人 ぼあざんせいじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3862

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました