ピクシブ百科事典

北丹鉄道

ほくたんてつどう

北丹鉄道とは、かつて存在した日本の鉄道事業者、及び鉄道路線である。

北丹鉄道は福知山と宮津線(由良付近)を結ぶ事を目的に1918年に設立された。それまでにも宮津と福知山を結ぶ国鉄線建設が地元から求められてきたが、中々許可が下りなかった為である。1923年には河守まで開通したものの資金不足から由良川河川敷に線路を敷いていた。経営は苦しく、砂利の採取販売や乗合自動車にも参入した。1953年,鉄建公団はようやく宮津~河守の鉄道建設を始め、完成時の北丹鉄道の買収が決まるが、1969年河守鉱山が閉山したため経営が悪化し1971年に治水工事のため運行を休止、そのまま1974年に廃止、バスも京都交通に売却し会社解散が決まった。待ち望んでいた国鉄線は、計画線に河守~福知山を加えた上で1988年に宮福鉄道(北近畿タンゴ鉄道)として開業することとなる。現在、保存車両は無いものの、旧蓼原駅付近の住民が当路線の車両2両の大型模型を制作し、毎年夏の水無月祭りでの試乗会を行っている。

pixivに投稿された作品 pixivで「北丹鉄道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22

コメント