ピクシブ百科事典

加悦鉄道

かやてつどう

加悦鉄道とはかつて存在した鉄道路線である。運営会社は存続し、現在は宮津海陸運輸となっている。
目次[非表示]

路線の歴史

1925年、丹後ちりめんを関西に運ぶことを目的に宮津線の丹後山田駅と加悦町を結ぶ鉄道が計画され加悦鉄道が、創立された。翌1926年には同区間が開業し、1927年には並行するバス路線を自社の手で開始した。1939年に大江山でニッケルの採掘が開始されると採掘を進めていた日本冶金工業の傘下に入り、翌1940年には大江山鉱山駅まで貨物専用で延伸(旅客化の計画もあったが実現しなかった。)、さらに1942年には丹後山田駅から岩滝の精錬所までの専用線が開通した。戦後には大江山鉱山閉山で大江山鉱山駅までの路線が休止された。同社にはさまざまな歴史ある車両が集まり、加悦駅は博物館さながらの状態となっていたが、会社側もこれを活かして観光面での集客を進めていたが、1985年国鉄解体の一環として宮津線の貨物ダイヤが消滅したことにより岩滝の精錬所は打撃を受け、同年4月末を以て加悦鉄道線はその歴史に幕を下ろした。

その後

会社としての加悦鉄道は廃止後カヤ興産と名を変え残っていたバス事業の他、自動車や機械の整備運搬や建設業、加悦駅での鉄道展示の継続を行っていた。1999年にバスは加悦フェローラインに分社化したが、丹後海陸交通と大部分が並行したため2009年に並行しない区間のみ与謝野町コミュニティバスに譲渡し、貸し切りバスをカヤ興産に返還した。2011年宮津港運と合併し現社名となった。加悦SL広場は1996年に大江山駅に移転した。加悦駅は建物のみの博物館となった。

その他

加悦鉄道保存会には萌えキャラが存在するらしい。(参考

pixivに投稿された作品 pixivで「加悦鉄道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147

コメント