ピクシブ百科事典

千葉傳奇

せんようでんき

千葉傳奇は、台湾のテレビ人形劇「霹靂布袋戲」シリーズに登場する主人公と同じ顔をした人物である。
目次[非表示]

概要

 千葉傳奇は、台湾のテレビ人形劇「霹靂布袋戲」シリーズに登場した人物。
 主人公素還真と同じ顔と同じ才能を持っており、味方になることも敵になることもある。

プロフィール

性別
初登場霹靂天啟 第1集
称号太陽の子
根拠地阿虛夜殿、日羅山、破軍府
身分日盲族指導者、集境策師
同僚燁世兵權、弒道侯
部下日盲族大祭司、釋女華、蟲父卵、羅生夜、鷹無眼、燕啼紅、萬古長空、鐵老、銀絕、龍彪、虎翼
友人關山聆月


人物

 千葉傳奇は、台湾のテレビ人形劇「霹靂布袋戲」シリーズに2009年から2011年にかけて登場した人物で、主人公素還真との関連から現在でも時折話題になる。
 ファンから「黒蓮」と呼ばれるキャラクターの一人(他は襲滅天來)。

 素還真を救世主と崇める日盲族が、素還真の魂を半分奪って生み出した彼らの偶像。後に集境で策師として取り立てられる。
 抜けるような白い肌と白い瞳、そして漆黒の髪を持った、素還真と色違いのそっくりさん、という容貌をしている。
 生まれたときから成人の姿で、総髪に白い衣装のときと、きちんと戴冠し墨色の衣裳をまとっているときがある。後半はほぼ後者。
 人間離れした記憶力と学習能力により、指導者として十分な知性と威厳を身に着けているが、情緒的には未発達で機械的に物事を判断しがちである。
 原型である素還真に対しては淡白な接し方をするが、周囲が彼を見て素還真を想起する点には不快を示す。なお、素還真の方は彼を弟か何かのように思っている模様。

経歴

 日盲族は、日光下では失明してしまう体質により闇に暮らすことを余儀なくされた人々で、彼らをその生活から解放してくれる「太陽の子」を切望していた。
 千葉傳奇は、その強い呪いにより生まれた黒い蓮の化身である。
 当時、苦境は異度魔界を退けたものの、死神の出現や滅境の侵攻により混乱が続く時期で、日盲族は朱翼皇朝との因縁等により中原正道側につくが、そのせいで滅境邪霊に滅ぼされてしまう。
 千葉傳奇は戦闘中、萬古長空とともに時空の裂け目から集境へ飛ばされ、關山聆月に助けられる。集境において、千葉傳奇は素還真に間違われながらも破軍府の長、燁世兵權に認められ策師の地位を得る。
 そして、佛業雙身の力により苦境、集境、滅境が融合し、四魌界勢力の干渉も始まる中、燁世兵權が苦境制服に乗り出す。
 千葉傳奇はそれに協力し素還真と敵対することになるが、素還真は彼が死なないよう葉小釵に彼を保護するよう指示する。
 しかし、千葉傳奇を守ろうとした萬古長空葉小釵が誤って殺してしまい、激怒した千葉傳奇は葉小釵に大軍を以て攻めかかる。
 その後、素還真に諭された千葉傳奇は、萬古長空の遺体を抱えて退隠する。


関連タグ

霹靂布袋戲

関連リンク

関連記事

親記事

霹靂布袋戲の登場人物 ぴりぷーたいしーのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「千葉傳奇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24

コメント