ピクシブ百科事典

國崎千比路

くにさきちひろ

國崎千比路(くにさき ちひろ)とは、週刊少年ジャンプ連載中の漫画『火ノ丸相撲』の登場人物。主人公・火ノ丸の仲間の一人。
目次[非表示]

「いずれ米国で総合格闘技の頂点を取る男よ。覚えておいて損はないぜ」

プロフィール

CV佐藤拓也
身長約180㎝
体重約97㎏
誕生日12月14日
血液型B型
相撲レスリング、他者の相撲の吸収
所属大太刀高校2年(1年時はレスリング部→相撲部)→渡米、格闘家
異名国宝喰い
修羅の相
チヒロスペシャル1号(巻き一本背負い)、チヒロスペシャル2号(ノーモーションの高速タックル)、チヒロスペシャル4号(低空飛行機投げ)、チヒロスペシャル13号(外無双)、ネオ・チヒロスペシャル1号 撃墜投(シュートダウン)(襷反り)、ネオ・チヒロスペシャル2号(合掌捻り式反り投げ)、ネオ・チヒロスペシャル3号(五輪砕き)、その他他者の技


概要

大太刀高校レスリング部に所属する2年生。高校レスリングの国体優勝者と言うアマレスフリースタイルの実力者。(しかし初登場時は覆面レスラースタイルだった)
将来総合格闘技に転向する予定で、ルールに対する認識などから相撲を侮っていたが潮火ノ丸異種格闘技戦で敗北を喫した事と、自分に付いて行けずレスリング部員が居なくなったことが良い切っ掛けとなり相撲部に入部。相撲は奥深い競技と認識を改める。
兄弟が多いためか面倒見もいいのだが、でしゃばり気味に敗者や部員に対する駄目出し等でめんどくさい人と認識されている、しかしこれは格闘技に対する向上心の表われらしく、相撲転向後に即大相撲のビデオ閲覧を行うなど研究熱心。だが勉強は苦手らしい。(単行本によると選択問題は得意)
アスリートとしては既に超高校級の肉体を持つが、相撲自体は五條佑真と同じく素人に近い。

ダチ高では火ノ丸に次ぐポイントゲッターとして頼もしい活躍を見せた。次々に立ちふさがる国宝級の強者を柔軟な発想と怖いもの知らずのチャレンジャー精神で喰らいつく。他の大太刀高校のキャラと比べれば、「心・技。体」にこれといった弱みを抱えていないことが特徴的。強いて言えば兄の兵藤真磋人に対する苦手意識くらいだろうか。

レスリングを生かした相撲を得意とする。途中からは他者の技を吸収し応用するようになり、遂には「国宝喰い」として覚醒、国宝を倒す活躍を見せた。この末恐ろしい成長速度は駿海をして「金の卵」と言わしめた。だが本人の夢はあくまで総合の頂点であり、兄と違い角界入りすることはなかった。だが相撲を好きになれたこと、ダチ高としての仲間意識を持てたことは本物である。特に火ノ丸という「土俵は違えど同じく頂点を目指す戦友」と出会えたことはチヒロに大きな影響をもたらした。

他人の気持ちや空気が読めないような言動が目立つ男だが、ここぞというところでは至ってまともな人間性を発揮している。ダチ高相撲部を「共に上を目指す仲間」だと認識してからは、他者の思いを背負って戦うことで心を燃やすようにもなった。逆に言えば加納彰平のような上を目指さない者はあまり好まず、自分の「仲間」だとは思っていない。このあたりの競技者としての感覚は彼が火ノ丸と分かり合える部分かもしれない。

大相撲編では序盤にて、総合格闘技の道を選んで海外へ渡った事が語られた。その後「刃皇ショック」で角界が大騒ぎになり、鬼丸が闇堕ちした頃に突然の帰国。鬼丸の身を案じて…かと思いきや、「子供が出来た」というのも帰国の大きな理由らしい。子供の名前はオコメ、女の子。母親は何処の誰なのか現時点では不明。毎度何かとスケールのでかい男である。

必殺技のチヒロスペシャルは1から100号くらいあるらしい。

また、「国宝喰い」という名を沙田と話している際に思い付いた際は、英語で「コクホー イズ デリシャス」→「KID」という翻訳をしていた。

関連イラスト

力士

火ノ丸相撲



世界を喰らう格闘王

國崎千比路 最強の格闘王(おとこ)への道



関連タグ

火ノ丸相撲 
大太刀高校 三ツ橋蛍 五條佑真 沙田美月 兵藤真磋人 荒木源之助
レスラー 天才 

外部リンク

國崎千比路|アニメ「火ノ丸相撲」公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「國崎千比路」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 492616

コメント