ピクシブ百科事典

堕ち名残

おちなごり

堕ち名残とは、キャラクターなどが暗黒面に取り込まれた後にまた通常の精神状態へ戻った際、肉体や精神の一部に悪要素や後遺症が残った状態。 ※本記事にはR-18的な表現が含まれます。
目次[非表示]

概要

悪堕ち闇堕ち)や洗脳などによって敵の陣営に取り込まれたキャラクターが再度味方陣営へと戻ってきた際、敵の陣営内部にいる間に受けた影響や悪要素(悪堕ち時に習得した技や衣装デザインなど、R-18では状態変化淫紋人体改造も含む)が残っていること。またはその状態を指す。

「単純な正義から、清濁を併せ呑んだ」ことによる人間的成長としてプラスに働く場合もあれば、「再度敵陣営に寝返ってもおかしくない」という不安要素としてマイナスに働く場合もある。




堕ち名残が見られるキャラクター

  • 遊城十代(遊戯王GX) 覇王十代時に手に入れた「超融合」のカードを覇王消滅後以降も使用している
  • 間桐桜(Fate/hollow ataraxia)

最終決戦時の戦闘服の意匠の一部に黒桜時のデザインが反映されている





具体例(R-18に限らず、随時追加OK)


1.敵に鹵獲された艦娘が深海棲艦化によって悪堕ちする。
2.洗脳を解く・艦娘としての意識を取り戻すなどの方法で味方の元へと帰還する。
3.肉体に深海棲艦としての特徴(白い肌・角・赤く発光する眼球など)や改造の後遺症(戦闘能力や耐久性能の強化・膨乳妊娠に起因する体型の変化・母乳の分泌や黒乳首に類する局部の変化・ふたなり複乳に代表される新たな器官の増加など)が残る。
4.強化された能力によって戦闘を優位に進められるようになる半面、平時においては肉体の性的感度の上昇や著しい体型の変化によって日常生活に支障をきたしたり、羞恥心や劣等感による精神ダメージを負う可能性が存在する。
また、何らかの要因によって精神の平衡を崩したり肉体の制御を失った場合などに、暴走や再度の深海棲艦化が発生する危険性を孕む、など。

関連タグ

悪堕ち 闇堕ち 状態変化

pixivに投稿された作品 pixivで「堕ち名残」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57859

コメント