ピクシブ百科事典

夜想令嬢-GRAC&E_NOCTURNE-

ぐれいすのくたーん

「アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ」に登場するユニット。
目次[非表示]

概要

 「THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 05 夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE-」に登場するユニット。
 2018年1月の生配信で初公開。
 プロデューサーが考案した、劇場で行われる演劇および楽曲「昏き星、遠い月」の公演メンバーである。
 「夜想令嬢」と書いて「グレイス・ノクターン」と読む。灼熱少女ばりの当て字読みである。

 「フェアリースターズ」同様、タイプ「Fairy」のアイドルだけで構成されているが、これまで展開されていた「フェアリースターズ」などのタイプユニットとは異なり、この「夜想令嬢~」を皮切りに、テレビ番組や舞台など劇中劇への出演を題材とした2~5人の12ユニットのシリーズが、2019年4月の「STAR ELEMENTS」に至るまで以降約1年半にわたって展開されることとなる。

メンバー

 カッコ内は劇中劇「昏き星、遠い月」内での役名。

二階堂千鶴(アレクサンドラ)百瀬莉緒(エレオノーラ)
千鶴さんお誕生日おめでとうございます!!
百瀬莉緒 生誕祭
天空橋朋花(クリスティーナ)所恵美(エドガー)
穏やかな時の中で / 天空橋朋花
とこめぐおめでとさん

 今回のユニットは4人体制。前回から恵美が続けての登板となるが、上述の12ユニット全体で39プロジェクト組(シアター組)が全員1回ずつ登場するように調整されている。
 また、この4人は全員明るい(金に近い)or薄い茶髪という共通点もある。

 ユニットメンバーではないが、水瀬伊織永吉昴(共にタイプはFairy)もこの演劇に参加している。

ライブ

 2018年の5thライブにて初登場し、「昏き星、遠い月」を歌唱。この時から間奏等では劇中劇を意識した剣舞などの演出があった。

 そして翌年6月の6thライブFairy STATION(福岡公演)では全編ミュージカルとして披露され、幕が上がる前のスクリーンには座って見るよう注意喚起がされた。劇中では「昏き星、遠い月」「Everlasting」が歌唱されたが、演劇の雰囲気を壊さないためか通常の楽曲のように曲開始時にクレジット(曲名や歌唱者名)が表示されることも無かった。
 また、MCは終演後のカーテンコールとなっており、演者は「所恵美役の藤井ゆきよ」ではなく「エドガー役の所恵美」といった風に、声優としてではなくキャラクターとして挨拶をした(このライブツアーに登場した12ユニットで唯一である)。

ミリオン6h Fairy STATION ざっくり感想



 全員登場後、演者としてのMCでは爪のアクセサリーが枝豆を刺すやつだとかエドクリ(エドガー×クリスティーナ)結婚指輪だとかネタにされていたり(さらに終了後に「かゆいところかくのにちょうどよいよ」とか言われたり)、曲の尺に台詞を合わせるのが大変だったという苦労話が紹介された。

 また、同9月のSPECIALでは上述の演劇に加え、「STAR ELEMENTS」と共に計7人で「赤い世界が消える頃」を披露。
 「昏き星~」の「世界は赫く染まった」というフレーズからカバーが決定したのではと推測される。 また、MCではFa公演のエドクリ結婚に続いてエレアレ(エレオノーラ×アレクサンドラ)結婚式が行われた。

赤い世界が消える頃(6thSSA版



 ちなみに、これらのライブではルカ役の永吉昴(斉藤佑圭)などは演劇・歌唱共に登場していない。

楽曲

MILLION THE@TER GENERATION 05 夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE-
2018年2月28日発売。

歌唱曲名
夜想令嬢-GRAC&E NOCTURNE-昏き星、遠い月
夜想令嬢-GRAC&E NOCTURNE-Everlasting

試聴動画



関連項目

アイドルマスターミリオンライブ! シアターデイズ
ミリオンライブユニット
フェアリースターズ フェアリー(アイドルマスター)

二階堂千鶴(CV.野村香菜子)
天空橋朋花(CV.小岩井ことり)
百瀬莉緒(CV.山口立花子)
所恵美(CV.藤井ゆきよ)

夜想令嬢:略称。こちらのタグで登録されている作品も一定数ある。

ミュージカル 吸血鬼

Blooming_Clover:第19話(6巻)より登場。詳しくは「夜想令嬢」へ。

関連記事

親記事

フェアリースターズ ふぇありーすたーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「夜想令嬢-GRAC&E_NOCTURNE-」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186552

コメント