ピクシブ百科事典

妬良

とら

西尾維新の小説「十二大戦」の登場人物。
目次[非表示]

CV:五十嵐裕美

概要

肩書は」の戦士 『酔った勢いで殺す』妬良
本名は 姶良 香奈江(あいら かなえ)。誕生日は1月1日。身長154センチ、体重42キロ。
トラ耳が付いたカチューシャにトラ柄のブラジャーとパンツをしており、革ジャンを着ている。休日に友達とショッピングに行くが、酒が好きなようで最後は飲み会になって酔うことが多い。
大戦にかける願いは「正しさが欲しい」

大酒呑みで、戦闘中でも真っ直ぐ立つことが出来ないほど酔っぱらっている。その姿から他の戦士からはナメられがちだが、実際は威圧感を消し自分自身を弱く見せることこそが彼女のスタイルであり、見た目に反して様々な格闘技に通じる実力者。原作によれば、「強そうに見せるっていうのが、既に弱そう」と考えているらしい。
四つん這いで飛び掛かり、生爪で体を切り裂くというワイルドな戦法を用いる。戦闘中に酔っているのは彼女曰く酔拳だそうだが、実際の酔拳は酔った動きを模した拳法であり、彼女の場合は単に酒を呑む言い訳だとのこと。だが、彼女の場合は酒よりもなお、にこそ酔うらしい。
爪のオシャレはしているが戦場に行くときはネイルを落としていく。

失井との関係

元々は武道に励む真っ直ぐな性格だったが、戦場で見た光景をはじめとした世界の矛盾や歪みを受け入れることができず自ら折れ曲がってしまう。
苦しみを忘れるために酒に溺れる妬良―――そして、戦闘中にまで酒を呑むようになったことで迷いが消え、より戦果を上げて表彰されることが多くなるという皮肉な結果も彼女に追い打ちをかけて行く。
やがて知能そのものまでもが著しく低下していき……

「地図がうまく使えなくなった。支障はない。
七画以上の漢字が読めなくなった。支障はない。
かけ算はできても割り算ができなくなった。支障はない。
今日の日付が出てこないのはもちろん、自分の誕生日を思い出すのにも、苦労するようになった。支障はない。
なんだかまっすぐ歩けなくなった。支障はない。
自分が生きているのか死んでいるのかわからなくなった。
ぜんぜん、ぜんぜん、支障はない」

そんなある日、ある戦場で出会った失井の行動理念に自分の考えを改め、心の師として仰いでいた。今回参加したのも、彼に会うためである。しかし彼が彼女のことをあまり覚えていなかったので(といっても戦場で会ったことは覚えていたがその時の彼女をただの一般人だと思っていたため。)彼女は大戦中やや複雑な感情を抱いていた。

最期

失井との共闘で憂城を倒し、その後一騎打ちに差し掛かったところで、事前に自殺して動く死体になった憂城の奇襲から失井をかばい致命傷を受ける。意識がなくなる前に自分を殺してくれと頼み(憂城に殺されるとゾンビにされて操られてしまうためと、自分が憂城ではなく心の師である失井に殺されたことにしたいため)失井の手で殺されたことにされ息を引き取る。

余談

中村光が最初に十二戦士のキャラクターデザインを考えられた際、西尾維新が原作ネームにうっかり寅の戦士を入れ忘れてしまったという裏話がある。そのことは中村光に質問されて初めて気づいたとのこと。

関連タグ

西尾維新 中村光  十二支

pixivに投稿された作品 pixivで「妬良」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 362694

コメント