ピクシブ百科事典

庭取

にわとり

西尾維新の小説「十二大戦」の登場人物。
目次[非表示]

CV:佐倉綾音

概要

肩書は」の戦士 『啄んで殺す』庭取
本名は 丹羽遼香(にわ りょうか)。 誕生日は6月6日。身長153センチ、体重42キロ。露出度の高い服が特徴。 幼少期より凄惨な虐待を受けて育ったため、十五歳以前の記憶がない。ストレスが限界に来たと感じると、温泉に行く。
大戦にかける願いは「自分が欲しい」

能力は「鵜の目鷹の目」で、あらゆる鳥類を自在に操れる。加えて、その鳥達と視界を共有する事が出来、戦地の情報収集を行う。武器は「鶏冠刺(とさかざし)」と呼ぶ鋤。

裏切りを常套手段としており、常に気弱な風を装っているが、非常に計算高い。さらに、養母に殺し屋として育てられ、紛争地に赴いては実地訓練を行ってきた過去を持つ。
怒突にドーピングをかけさせた後、持ち前の演技力と手に入れた力で頭部を握り潰し殺害した。

最期

後に寝住と遭遇し彼に連れられ砂粒と再会。砂粒との会話中に服用してもらったドーピングの効果により破綻していたメンタルが正常な状態となっていき、その状態で砂粒と会話したことで価値観が揺さぶられ動揺してしまう。交渉は断ったものの動揺している最中に偶然遭遇した失井に出くわし、彼女を守るため失井と戦うが、圧倒的な実力差を見せつけられ、脱落した。

関連イラスト

丹羽遼香

2017


啄んで、仕留めるの。

Niwatori



関連タグ

西尾維新 中村光 

pixivに投稿された作品 pixivで「庭取」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309986

コメント