ピクシブ百科事典

寝肥

ねぶとり

妖怪というより病気の一種。

概要

江戸時代である1841年(天保12年)に刊行された、竹原春泉画の『絵本百物語』に描かれた妖怪の一種。
女性が就寝すると体がふくれ上がり、部屋からはみ出すほど大きくなる怪異であるという。
その際には車が轟くほどの大いびきをかくため、夫婦になっても最終的には愛想をつかされてしまう。

元来の意味は寝てばかりいて太ることを指していたが、この書籍ではある種の病気、戒めを含んだ妖怪譚として記述されている。

地獄先生ぬ~べ~』では悪霊の仕業、
妖怪の飼育員さん』では餓鬼憑きの一種の設定である。

妖怪のお医者さん』では憑りつかれた者を、コロコロした姿にしてしまう女妖怪である。

関連タグ

妖怪 肥満化 膨体
病気 憑依

pixivに投稿された作品 pixivで「寝肥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2115

コメント