ピクシブ百科事典

尾頭ヒロミ

おがしらひろみ

『シン・ゴジラ』の登場人物。
目次[非表示]

概要

演:市川実日子

環境省自然環境局野生生物課長補佐。苗字の読みは「おがしら」で「びとう」ではない。

矢口の秘書官である志村の大学先輩
そのツテで巨大不明生物の生態分析のため総理レクに呼ばれ、その後巨災対に召集される。

的確な分析力や洞察力を持ち、ゴジラ対策に有用な情報を導き出す。
第一形態のゴジラ東京湾内を移動している映像から、ゴジラが足に似た器官を持っており、上陸の可能性もあることをすぐに見抜くなど、功績は数多い。

尾頭ヒロミ 課長補佐



一方、常に無表情で、異常なまでの早口で一度では聞き取りきれないほどの大量の言葉をまくしたてるのが癖である。服装はいつも同じ地味なスーツに頭は寝癖がついたままと格好にもあまり気を配る様子がなく、会話中にも相手と目を合わせようとしないなど、コミュ障一歩手前の異様な雰囲気を漂わせる。

だが、とあるシーンで嬉しそうな笑顔を見せるシーンもあったため、堅物一辺倒の人物というわけではないようである。

人気っぷり

宣伝などではメインキャスト扱いはされておらず、脇役の一人という扱いに過ぎなかったが、他の巨災対メンバーよりも圧倒的に色濃く、記憶に残りやすいアクの強いキャラクター性、劇中ようやく見せた笑顔から溢れ出るギャップ萌えに心をノックアウトされた観客が続出、Twitterでも映画公開後すぐに大量に彼女のイラストが飛び交うといったような尾頭人気が大爆発する。演じている市川実日子氏は2002年にモスクワ国際映画祭で主演女優賞を受賞するなど業界ではかねてから評価の高かった役者ではあるが、これほどまでに一般観衆の注目を集めるのは初めてである。

なお、市川氏は撮影中はほとんどメイクをしておらず(もともと化粧をあまりせず映画などに出演する時もたいていすっぴんで撮影に臨む人なのだが)、寝癖を作るために、撮影期間中寝る前に髪を折っていたとのことである(参照togetter

その結果、本来のメインヒロインであるカヨコを差し置いて『シン・ゴジラの真のヒロインは尾頭さん』と評価されるほどまでになる。

Pixivでも当然影響は強く表れており、ゴジラを除く登場人物のタグ検索数ではぶっちぎりでトップに君臨している。

関連イラスト

尾頭ヒロミ
尾頭ヒロミ


環境省自然環境局野生生物課 課長補佐 尾頭ヒロミ
『シン・ゴジラ』尾頭ヒロミは可愛い


自分の匂いが気になる尾頭さん
シン・ゴジラ お気に入り人物 そのいち



関連タグ

シン・ゴジラ 理系女子

pixivに投稿された作品 pixivで「尾頭ヒロミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3034518

コメント