ピクシブ百科事典

山野車輪

やまのしゃりん

「マンガ嫌韓流」シリーズ等の著作で知られる漫画家。朝鮮半島ウォッチャー。
目次[非表示]

自称「キワモノマンガ家」。ハードロック・へヴィメタル板にて「車輪」のコテで活動する2ちゃんねらーだった。

当初は覆面作家として活動していたが、マンガ嫌韓流で有名になってからは顔出ししマスコミ等へのインタビューにも答えている。

概要

2005年に、マンガ嫌韓流を執筆・出版。これまでにシリーズタイトルが4作まで出版され、累計100万部を超えている。また中国を題材にした『マンガ嫌中国流』、大韓民国や日本各地の在日コミュニティを取材した『韓国のなかの日本』『在日の地図』といった作品を執筆・出版した。

特定アジア関係以外には、若者の不遇な現状は高齢者に原因があると主張する『「若者奴隷」時代』や、女子高生が漫画家を目指す過程を描いたなる☆まん!や、ダグラス・マッカーサーの軍事秘書ボナー・フェラーズと小泉家の絆を描いた『終戦の昭和天皇 ボナー・フェラーズが愛した日本』、400人以上のイギリス海軍兵士を救出した駆逐艦」の艦長工藤俊作中佐の秘話を世に知らしめた、惠隆之介の書籍『海の武士道』を漫画化させた、『マンガ 海の武士道』といった作品も執筆している。

『マンガ嫌韓流』以降の作品には、作者のメッセージ性が強くなっており、データの偏った取り扱いや、登場人物のアップと台詞だけで進行していく稚拙な描写への批判も多い。

なお、山野氏は自らの著作に向けられた様々の批判について漫画なのでその影響には責任を持てないとしており、マスコミ等における韓国バッシング流行について、2013年には「今の嫌韓と’05年頃の嫌韓はまったく層が違う」と主張している。

また、著作『革命の地図~戦後左翼事件史~』において、自身の政治思想はどちらかというと左翼寄りであると語っている。

現在は、書籍版が空前のベストセラーとなった大人気ブログである『余命三年時事日記』の漫画版『余命三年時事漫画』を青林堂のオピニオン雑誌『ジャパニズム』にて連載している。

関連タグ

漫画家 漫画 マンガ
マンガ嫌韓流 嫌韓 嫌韓流

関連リンク

コメント