ピクシブ百科事典

川合俊一

かわいしゅんいち

新潟県出身のタレント。元バレーボール日本代表選手。
目次[非表示]

概要

新潟県糸魚川市出身の元男子バレー選手。1963年2月3日生。身長195cm。
現在はバレーボール中継の解説でお馴染み。
日本代表として、2度オリンピックに出場している。
2015年、東海テレビ制作のテレビドラマ『明日もきっと、おいしいご飯〜銀のスプーン〜』でテレビドラマ初出演。

所属

明大中野高等学校⇒日本体育大学富士フイルム
※富士フイルムバレーボール部は男子バレーボールチームとして獲得タイトル計22回の強豪だった。1994年に日本リーグがVリーグへ移行する富士フイルム・プラネッツと改名したが日本人選手のみで戦う「純血主義」を貫き、外国人選手を入れる他チームに苦戦、2002年に廃部。
女子バレーボール部も存在したが1995年に廃部。

現在は日本ビーチバレーボール連盟会長や日本バレーボール協会の役員、トヨタ自動車ビーチバレーボール部ゼネラルマネージャー、芸能事務所の社長兼所属タレント、バレーボール解説者とマルチに活動している。

モテ男伝説

中学時代から「下駄箱ラブレターで溢れてが入らない」という漫画のようなモテっぷりに困り、高校「女子が自分をめぐって争うのが嫌」という理由から男子校に進学したという、凄まじいモテ逸話を持つ。

20歳で全日本入りしてからは、実力も相まって全国的にモテが加速し、ジャニーズアイドル並にキャーキャー言われ、バレンタインデーには4トントラックで4台分のチョコレートが全国から届くまでに人気が加熱したため、「モテなくなりますように」と神に祈ったほどの驚異的なモテ男であった。

ゲイ疑惑

タモリが司会の「ボキャブラ天国」でホモネタばかりに興味を示したために、共演者のヒロミらによってゲイ疑惑が広まることとなった。
実際、Google等で「六本木 ホモ」と検索すると、川合のWikipediaがトップに来ていたようだが、今回の編集時に確認したところ、この小ネタ自体を話題にしたものや「何故、川合俊一はゲイ疑惑を持たれているのか?」といった質問サイトが引っかかる状況である。

関連タグ

バレーボール 男子バレー 日本代表 ビーチバレー タレント

pixivに投稿された作品 pixivで「川合俊一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4885

コメント