ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 秋田県の雄物川に棲むというのような妖怪※この項で解説
  2. 宮城県江戸時代から記録がある地名で、同名の苗字の家系がある。

妖怪の川熊

江戸時代後期の博物学者・菅江真澄によって著された『月乃出羽路』に記述がある熊のような妖怪。
秋田県の雄物川で殿さまが猟をしていると、川からのびてきた真っ黒な毛におおわれた手に鉄砲を奪われてしまったために、家臣一同必死に取り戻そうと苦心することとなった。
なんとか家来の一人が洪福寺淵という場所に潜って鉄砲を取り戻すことができ、その鉄砲は川熊の鉄砲または川熊の御筒と呼ばれるようになったという。

別な伝承では船頭が岸に船をつけたところ、船の縁に大きなのような手が掛けられた。
船頭は驚いて鉈でこの手を斬り落として持ち帰り、その後は下流の河辺郡川添村椿川(現秋田市雄和)に祀られていたという。

類似した伝承

文政10年(1827年)には岐阜県の中津川で、鼠色で光沢がある謎の獣が捕えられ名古屋で見世物にされたという。
この獣は川で捕えられたことから水の力を持つと畏れられ、雨を呼ばないように敢えて猪熊(いのくま)と名付けられた。

長野県から新潟県にかけて流れる信濃川では、堤を切り大水をもたらす河熊というものがいると伝わる。

創作での扱い

  • 水木しげる作品:妖怪図鑑で鰭を持つ奇妙な獣の妖怪画が描かれ上記の伝承が紹介された。
  • 地獄先生ぬ~べ~:#111「U・M・Aの巻」において童守川に打ち上げられた謎の物体の正体とは…

関連イラスト

川熊(かわくま)
川熊にも限度の水量があった
◯川熊:かわくま


関連タグ

妖怪 獣妖怪 
水神

関連記事

親記事

獣妖怪 けものようかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「川熊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7

コメント