ピクシブ百科事典

幻の湖

まぼろしのみずうみ

東宝創立50周年を記念した超大作である。本当である。
目次[非表示]

概要

もっと具合的に書くと東宝“東宝設立50周年”を記念して製作・公開した映画である。
公開年は1982年9月11日。

監督および脚本はあの黒澤明の映画にも参加した当時の有名脚本家である橋本忍が担当しており、さらに莫大な予算をかけて作られた上映時間2時間半以上のまさに東宝渾身の意欲作であった。

・・・のだが、その肝心の内容はと言うと“ネオ・サスペンス”なる聞き慣れないコンセプトによって作られた意味不明で理解不能なシナリオ、唐突かつ不自然な場面転換、どう考えても無理のある各種設定、全体的にチープな感じの演出が全編を埋め尽くしている文字通りのトンデモ怪作だった。

事実、公開後もほとんど客足が伸びず映画はほんの数週間で全て打ち切られたとされ、この失敗により橋本忍の名声も地に落ちたと言われている(後に橋本も「この映画は失敗だった」と認めている)。

日本映画史上でも屈指の問題作だったことから公開後もほぼ封印作品扱いでソフト化はされていなかったが、そのぶっ飛びぶりが一部の好事家の間で話題になっており、それを受けてか2003年にDVD化された。

主なシナリオ・演出のツッコミ所

  • そもそものストーリーが“愛犬を殺された風俗嬢の復讐劇”
  • 復讐方法は日々のジョギングで鍛えた脚を使って相手をマラソンで追い詰めること
  • 主人公の仕事仲間の一人が日本の風俗を調べに来たという米国の諜報員
  • 別に主人公と直接的な関係があるわけでもないのに物語が戦国時代にジャンプ
  • ラストはこれまた主人公とはほぼ関係ない宇宙空間で〆


関連動画



関連項目

映画

pixivに投稿された作品 pixivで「幻の湖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 658

コメント