ピクシブ百科事典

CV:保村真

概要

高橋留美子のマンガ・アニメ『犬夜叉』から引き続き登場。
故・辻谷耕史氏に代わり保村真氏が演じている。

妖怪退治屋の仲間・珊瑚を妻に娶り、双子の金烏玉兎姉妹、長男・翡翠をもうけている。
このうち、翡翠は珊瑚の弟・琥珀のもとで妖怪退治屋として働いているが、後述する父親の高額報酬取り立てに「あこぎ」であると辟易、現在、父子の仲はぎくしゃくしたものとなっている。

並外れた法力をもつ法師であると同時に、高額な報酬を要求する腕利きの妖怪退治屋でもあったが、奈落にかけられていた呪いから解き放たれたことと引き替えに法力が低下している。

犬夜叉かごめ夫婦が行方不明になってからも妖怪退治屋として働き、紫織が治める村まで蛾ヶ御前をつけていたが、半妖の子を襲おうとする蛾ヶ御前に歯が立たず、妖怪の血を目覚めさせたせつなが蛾ヶ御前を惨殺するのを目撃、仲間の半妖にも襲いかかろうとするせつなの血のたぎりを紫織とともに封じる。

多くの戦いを経て、妖怪退治屋として力不足を実感した彼は妻の珊瑚、娘の玉兎を里に残し、法力の復活をめざして千日行を始める。
千日行終了後に法力が復活するかは弥勒自身にもわかっていないが、徳の高い弥勒の法力を感じ取った四凶の一体・饕餮は彼を喰って法力を奪おうと、弥勒が籠もる山寺に向かっていた。

山寺には弥勒を護衛するため、翡翠と琥珀の配下・せつな、せつなの姉・とわが派遣されていた。
饕餮が現れる寸前、弥勒はとわせつな姉妹が半妖であることを見抜き、饕餮を撃退させるために妖怪の血を発動させたせつなに「妖怪の血を発動させると暴走する危険性があることから、むやみに妖怪の血を発動させないこと」を諭し、彼女の血のたぎりを封じている。

法力のほとんどを失ったのちも、せつなの血のたぎりを抑える鍵をもっていたが、是露に鍵を奪われたことによりせつなは暴走、地に囚われた弥勒はもう一人の娘・金烏にせつなの血のたぎりを抑えることを命じている。

なお、竹千代屍屋獣兵衛と思しき人物に預けた法師は弥勒と思われるが、時期が不明なため法師と弥勒が同一人物かも不明となっている。

関連タグ


犬夜叉 半妖の夜叉姫

珊瑚(犬夜叉)/珊瑚(半妖の夜叉姫)
翡翠(半妖の夜叉姫) 金烏(半妖の夜叉姫) 玉兎(半妖の夜叉姫)

関連記事

親記事

弥勒 みろく

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「弥勒(半妖の夜叉姫)」の小説を見る

コメント