2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:坂本真綾

概要

アニメ『半妖の夜叉姫』に登場する妖怪。麒麟丸の姉。
人間や半妖を嫌悪しているが単純な一言では言い表せない複雑な感情を抱いており、殺生丸の母と人間でありながら犬の大将の寵愛を受けた十六夜にはかなりの遺恨を持っている。
武器は蜘蛛の意匠があしらわれた短い杖で、先端部から蜘蛛の糸を出すことができる。
素性を隠す際は編み笠を被った旅人「お露(おつゆ)」と名乗る。

経歴

600年前、姪のりおんが半妖に殺害されたことで、麒麟丸共々人間や半妖を嫌悪するようになる。
500年前、飛来する妖霊星を迎え撃つ麒麟丸と犬の大将のかたわらにおり、撃退後、疲れて眠る麒麟丸を優しく見る彼女に犬の大将は、「そなたは変わる必要はない」と言いわたす。

時は流れ200年前、竜骨精との戦いにより弱体化した犬の大将を討つという、渾沌窮奇からの作戦案を麒麟丸は却下し、理玖に薬草を届ける様に命じるなど敵に塩を送る行動に出るが、間に合わず十六夜と産まれたばかりの犬夜叉の命と引き替えに大将は命を落とす。
彼の死を知った是露は落涙、妖力を集約した七つの宝玉となって彼女は妖怪としての力を失い、宝玉四凶女禍の手に渡っていく。

半妖嫌いの理由はかつて四魂の玉に「麒麟丸を滅ぼすのは妖怪でも人間でもなく時空を超える者」という予言を受けた為、この予言を知る窮奇は夜爪犬夜叉を監視させている。
当初は麒麟丸も歯牙にもかけておかず、是露も半信半疑だったが、半妖が存在したことによって妖怪でも人間でもない者として警戒をするようになったらしい。
また、とわせつなを誕生直後に命を狙い、刺客を差し向けるなど暗躍を開始し、殺生丸は生まれたばかりの2人を森に匿い、邪見にその森に結界を張らせて是露の追跡を防止する事になった。

それから4年がかりで夢見の術によりとわとせつな(ともろは)の所在を突き止め、殺生丸の了解をとり、配下の妖怪・に命じ、姉妹の住む森に火を放った。(現時点で殺生丸がこの行為を許可した理由は不明)。

つまり、姉妹が両親と引き離される切っ掛けを作った上に、二人が生き別れになる事態を起こした真の元凶である。ただし、犬の大将に惚れていたこともあり、四魂の玉の予言が存在しなければ敵になっていなかったとも考えられる
とはいえ、人間のことを儚い命でたぶらかすと評しており半妖の人間の親も恨んでいると評している。

是露の、自分の命すらどこか軽視する姿勢や麒麟丸の後の彼女への対応は、今の彼女はかつての彼女と性格的に別物になってしまったとも推測できる。

第23話で夜叉姫と相対し、その戦いのなかでせつなの中で目覚めかけていた血刀の力により倒され死亡する。自分が死ねばりんも道連れにでき殺生丸や夜叉姫たちを苦しめることができるため動じることなく冥道を歩こうとしたが、直後に殺生丸の天生牙によって蘇生させられる。
目論みが崩れ去ったことに激怒して天生牙を折ると、その場を去っていった。

その後、夜叉姫たちを苦しめる次の策として公家妖怪の七星を懐柔、単独行動していたとわを七星の館まで強制転移させ、精神干渉によって令和での孤独な本心やせつなと離れ離れになっていたことへの悲しみを炙り出すと、を使ってせつなとの別離を引き起こした張本人が自分であることを暴露する。
これによって憎しみのあまり妖力を暴走させたとわの手にかかることでりんを道連れに死に、後で事実を知ったとわを絶望に堕とそうという算段だったが、時代樹を訪れ呪いのことを知ったせつなに阻まれ、「大将の死を止められなかった無念の縁」を斬られたことで敗北。
全ての蟠りを捨てた是露は、理玖の介錯によって命を落とし、静かに消滅していった。
その後、形見となった杖はりおんが引き継いでいる。

関連タグ

半妖の夜叉姫 殺生丸 虹色真珠

関連記事

親記事

半妖の夜叉姫の登場人物 はんようのやしゃひめのとうじょうじんぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119633

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました