ピクシブ百科事典

後西天皇

ごさいてんのう

後西天皇とは江戸時代初期の天皇。
目次[非表示]

概要

生没年:1638年1月1日(寛永14年11月16日) - 1685年3月26日(貞享2年2月22日)
第108代・後水尾天皇の第八皇子、母は櫛笥隆子(逢春門院)、幼名は秀宮(ひでのみや)、諱は良仁(ながひと)という。他にも花町宮、花町殿、第109代・明正天皇は異母姉、第110代・後光明天皇は異母兄、 第112代・霊元天皇は異母弟にあたる。

経歴

はじめは高松宮初代・好仁親王の王女を娶って高松宮第二代を継承して花町宮(花町殿)(はなまちのみや)と号し、式部卿の職に就いた。即位の前年には兄の後光明天皇の名代として江戸に下っている。後光明天皇が崩御した時、同帝の養子になっていた実弟識仁親王(霊元天皇)はまだ生後間もなく他の兄弟は全て出家の身であったために、識仁親王が成長し即位するまでの繋ぎとして、1654年(承応3年)11月28日に即位し。1663年(寛文3年)1月26日、10歳に成長した識仁親王に譲位した。

もっぱら学問に打ち込み、『水日集』などの著作を多数残したほか、火災に備えて朝廷の諸記録の複製作業も進めている。和歌の才能もあり、古典への理解も深かった。

治世中には伊勢神宮・大坂城・内裏などの炎上や明暦の大火、地方の地震、水害などが多発したため、当時の人々は天皇の不徳を責め、これをきっかけに譲位に至ったと伝えられている(『翁草』巻19「新帝践祚の事」)。また、中御門宣順の『宣順卿記』寛文2年9月23日条・壬生忠利『忠利宿禰記』同日条にも徳川家綱の使者である吉良若狭守(高家・吉良義冬(吉良上野介の父))が女院(東福門院)に譲位を申し入れたとする伝聞記事を記している。これらの記事を前提として天皇に譲位を促させた勢力として、後水尾法皇説・江戸幕府説が挙げられ、更に有力外様大名(仙台藩主・伊達綱宗)の従兄という天皇の血筋が問題視されたとする説がある。

近年これに対して、譲位はあくまでも後西天皇の自発的意思であったとする説も出されている。

貞享2年(1685年)2月、崩御、月輪陵(つきのわのみささぎ)に葬られた。宝算47。

外部リンク

後西天皇 - Wikipedia

関連項目

朝廷 天皇 後水尾天皇 霊元天皇

pixivに投稿された作品 pixivで「後西天皇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント