ピクシブ百科事典

志賀(海防艦)

しが

志賀は、大日本帝国海軍鵜来型海防艦の一艦。本記事ではその後の姿である海上保安庁おじか型巡視船「こじま」についても記す。
目次[非表示]

概要

海防艦「志賀」

大日本帝国海軍海防艦で、鵜来型海防艦に属する。佐世保海軍工廠にて建造され、1945年3月20日に就役。

就役直後の4月20日には、慣熟運転も兼ねて天一号作戦で沖縄に出撃する戦艦大和ら第二艦隊の前路掃討に参加している。

その後は対空戦闘などを行ったものの、日本近海から離れることはなく、間もなく終戦を迎える。終戦後は掃海艇として日本近海に投下された機雷の除去作業に従事。後に特別輸送艦に指定され、船橋拡幅、士官用室・応接室・兵員室等を増設された他、船楼甲板上にボート甲板が追加され、ヨット式船形に改造された。

運輸省移管後・巡視船「こじま

1946年12月31日、「志賀」は運輸省(現国土交通省)に移管される。当初はアメリカ陸軍の専用連絡船として博多-釜山間航路に就航していたが、翌年航路廃止に伴い解役となっている。1950年には船名を「志賀丸」と改め、運輸省外局の気象庁にて中央気象台定点観測船として1953年まで使用された。

1954年1月1日、定点気象観測任務が気象庁から海上保安庁に移行するのと同時に「志賀丸」も海上保安庁に編入、おじか型巡視船「こじま」と改名され、呉(第6管区)に所属となり、3インチ砲1門と20mm機銃2基の再武装を施される。
連絡船として用いられる際に居住設備を強化されていた事から、「こじま」は海上保安大学校の練習船としての役目を同年6月、巡視船「栗橋」から引き継いで、1954-1964年延べ10年間に渡って練習航海に充てられていた。
1958年5月、海上保安庁創立10周年記念観閲式に参加。同年9月トランサムを丸みのある形状に改造、全長が0.2メートル延長。
1964年5月20日、海上保安大学校の練習船としての任務は新造された2代目「こじま」に引き継がれた。1965年4月除籍。

除籍後

1965年に除籍された後はしばらく呉港に係留されていた。その後、保存船としての招致合戦の末、千葉市に払い下げられる事が決定する。同年中に巡視船むろとに曳航され千葉市稲毛海岸に回航された「こじま」は、その後船内改装工事を受け、翌年5月18日より「千葉市海洋公民館」として用いられる事となった。また同時に周辺はこじま公園として整備された。
その後周辺の埋め立てにより「こじま」の浮かぶ水域も東京湾から切り離され、長らく公園内の池に浮かぶような形で存続していた。
1993年、消防法と建築基準法に不適合であると判明、同年4月1日千葉市海洋公民館は休館となり、後に1997年に閉館となった。
1998年、老朽化により解体。これをもって、水上に存在する旧日本海軍所属の艦艇はすべて消滅し、第二次世界大戦時に海軍に所属していた船は「宗谷」を残すのみとなった。

関連タグ

大日本帝国海軍 海防艦
海上保安庁 巡視船
こじま 志賀(無印)

戦艦三笠 陸上に現存する旧日本海軍艦艇。ただし大正末期に廃艦され岸壁に埋められており建物扱い。戦後の荒廃を経て1960年に外見のみ復元されたが、艤装のレプリカを貼り付けた状態であり、内部は原形をとどめていない。
宗谷(特務艦) 海上に現存する唯一の旧日本海軍「特務艦艇」。南極観測船任務に従事した際に大改造されており海軍所属時の名残は少ないが、現在も船籍を有し航行が可能である。

pixivに投稿された作品 pixivで「志賀(海防艦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 765

コメント