ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

クラシック音楽、レクイエムの形式の一つ。
題名は「ディエス・イレ【Dies irae】」。
モーツァルト版や、ヴェルディ版で知られる。

原典

新約聖書』「ヨハネの黙示録」に記された、キリストによる最後の審判のこと。
数多の災厄と神罰の末、キリストが使者を墓所より復活させ、「神の国」に渡れるものと、地獄で永遠の責め苦に苛まれるものを振り分ける法廷を開く。

「怒りの日」と呼ばれるのは、法廷でキリストがこれまで幾度となく示されてきた「神の愛」に気づかずに放蕩と堕落に没した者たちに、かつてないほどの怒りを顕わにして判決を言い渡すためである。

レクイエムとして

13世紀に聖歌の一曲として、その一場面を歌詞として書き起こされ作曲されることとなった。
これ以降、西洋圏ではレクイエムの定番として知られていくことになる。
こちらは「グレゴリオ聖歌」として現存している。

現在ではモーツァルトの最期の作曲、またジュゼッペ・ヴェルディの作曲したレクイエムのものが有名。
CMや映像作品のテーマ曲として、どちらも一度は耳にした覚えがあるはず。
「グレゴリオ聖歌版」に比べて歌詞が非常に短く、基本的には序盤の六行を繰り返すかたちをとっている。

歌詞

ラテン語歌詞

Dies iræ, dies illa
solvet sæclum in favilla:
teste David cum Sibylla

Quantus tremor est futurus,
quando judex est venturus,
cuncta stricte discussurus

日本語訳

怒りの日、その日は
ダビデとシビラの預言のとおり
世界が灰燼に帰す日です

審判者があらわれて
すべてが厳しく裁かれるとき
その恐ろしさはどれほどでしょうか

関連動画

グレゴリオ聖歌版



モーツァルト版



ヴェルディ版



外部リンク

グレゴリオ聖歌版:正式歌詞

関連タグ

新約聖書 ヨハネの黙示録
最後の審判
レクイエム 鎮魂歌
聖歌
モーツァルト ジュゼッペ・ヴェルディ

pixivに投稿された作品 pixivで「怒りの日」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12618

コメント