ピクシブ百科事典

我はすべて毒あるもの、害あるものを絶つ

ないちんげーるぷれっじ

『Fate/Grand Order』のナイチンゲールの宝具
目次[非表示]

全ての毒あるもの、害あるものを絶ち、我が力の限り、人々の幸福を導かん!

概要

  • ランク:C 
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:0~40 
  • 最大捕捉:100人


戦場を駆け、死と立ち向かったナイチンゲールの精神性が昇華され、更には彼女自身の逸話から近代的にかけて成立した「傷病者を助ける白衣の天使」という看護師の概念さえもが結び付いたもの。

効果範囲内のあらゆる毒性と攻撃性は無視される。強制的に作り出される絶対的安全圏。
回復効果も兼ねる。回復&弱体解除という性能ではメディア・リリィと同格だが、こちらは敵からの必殺の一撃に備えてその威力を減衰させるデバフ効果も兼ねており、戦術の組み方が変わってくる。

宝具の名称はナイチンゲール誓詞の一節「I will abstain from whatever is deleterious and mischievous」に由来する。また、読みの「ナイチンゲール・プレッジ」も、詞の原題である「Nightingale Pledge」からとられている。

なおこの誓詞、ナイチンゲールの名を冠してはいるものの、実は彼女自身は一切携わっていない。元はデトロイトの看護学校校長を始めとする委員会が彼女の功績を称え、その教えを広めるために作成したもの。医師の誓いである「ヒポクラテスの誓い」と対を為す、看護師の誓いを表す誓約文である。
看護師の理念を表した詞として現在でも広く知られており、彼女の宝具にこの名が冠されているのも、恐らくは看護師の理念を表した詞の内容と看護師の概念を内包した宝具の性質が合致したためと思われる。

Fate/Grand Order』における性能

種別はArts。効果は【敵全体の宝具威力ダウン(1ターン)+味方全体の弱体解除&HPを回復】。

敵へのダメージが一切無い回復型の宝具なのだが、その演出は白亜の巨大看護婦を召喚し、看護婦が“浄化の大剣”で敵陣を叩き斬るという非常に物騒なもの。
“毒と害あるもの”を根絶するという概念が、浄化の剣として顕在化したものと考えられるが、それがやたら戦闘的なのは、やはりナイチンゲールの人物性が反映されているせいなのか……。

関連タグ

Fate/GrandOrder ナイチンゲール(Fate) 宝具
ナイチンゲール誓詞 治療 回復

pixivに投稿された作品 pixivで「我はすべて毒あるもの、害あるものを絶つ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 155743

コメント